メインメニュー
早川リポート 最近の投稿

 rss
 rdf
 rss2
月別早川リポート
ページカウンタ
Copyright
早川まさてると丹後の未来を語る会
Tel:0772-79-2020
Powered by
(有)創造工房
HAYAKAWA
 Masateru
© 2001-2008
印刷物等への無断引用はお断りします。
コンテンツ表示: はい いいえ   カテゴリ:
blog名 タイトル 作成者 カテゴリ: 更新日
早川リポート ブロードバンド・CATVと久美浜原発計画 早川まさてる 2006-2-14 15:09
 2月10日、議員全員協議会があり、1)京丹後市地域情報化計画(中間案)と2)蒲井・旭地域振興計画についての市長サイドからの説明と質疑がありました。

 1)京丹後市地域情報化計画(中間案)は、下記のような内容になっています。(2/24までパブリックコメントをこちらで受け付けています。くわしい資料もあります。)

1.情報化施策の体系

 (1)デジタルディバイドの解消

   .屮蹇璽疋丱鵐斌屬寮鞍

 (2)ブロードバンドサービスの提供

   ー主放送サービス、高画質な映像の再送信、

   インターネット接続サービス、IP電話サービス、

   ヂ織船礇鵐優詈送、Ε汽檗璽肇札鵐拭

 (3)安心して暮らせるまちづくり

   )漂匸霾鹹鷆.機璽咼

 (4)地域の活動拠点づくり

   「(仮称)京丹後まちづくり情報センター」の設置・運営

   ITサポートを中心とした地域貢献活動

   ∋毀鮟蠅らのアウトソーシングの受け皿


 おおざっぱに言うと、2つの内容があります。

 1つは、各家庭まで光ファイバ(地域によっては無線)を引き、高速インターネットと自主放送も含むCATVを「まちづくり情報センター」を作って運営してゆくというものです。

 コスト面では、おおよそ50億円程度が見込まれており、合併特例債を使えたとして、最初の3年間は利息2100万円、12年間は4.3億円(うち、3億円は交付税でまかなわれるはず)の返済が必要となります。交付税が予定通りに交付され続けたとしても、合計18.7億円の独自財源が必要となります。

 また、加入する市民の負担は、50%以上が加入し、多チャンネルサービスに加入する人が10%いるとした場合で、基本料金が1000円(NHK受信料は別途)という設定になっています。




 コメント


 合併当初のすべて光ファイバとして100億近くかかるという設定からすれば、着工は遅くなったにしても大幅なコストダウンが期待でき、「地域情報化計画市民会議」を開催し、無線という選択肢も含めながらの案が出たことは、厳しくその施策をチェックしてきたものとして、評価しています。


     H16年9月 早川一般質問 外部も含めた透明なチェック機構が至急必要ではないか


 ただし、難視聴区域以外の市民にとって、新たなコスト負担をしてまで加入したくないという声も多く、H19からの三位一体改革の税源移譲に伴う市民税アップと重なる中で、市民の参加とスケールメリットによるコストダウンを図るためには、○○が出来るなどという「やる側から見た施策」ではなく、「使う側から見た、やって良かった施策」を打ち出せるかどうかにかかってきます。

 ともすれば、インフラは行政、やるのは民間的な、ある意味では責任を取らなくて済むお役所的やり方を脱皮してゆくことが求められます。


 また、財政面では、ソフト面でかかる費用や最終責任、交付税が総枠絞られている中で、結局自由に使える財源が減少することが確実視されており、その部分などを考えると、一般財源(真水)で2億〜3億弱/年(防災無線を含む)が必要になると覚悟しておくべきだと思います。とすると、市の収入が今と同じだとしても、2億円以上の施策を削減することが、この情報化計画を実施する裏で求められると言うことになります。

 情報化計画の他にも、上水道統合、下水道、学校の耐震補強など、合併特例債を当て込んだ巨額の施策があり、すべてを行うことは不可能です。どのような優先順位で、何を削りながら実現してゆくのかのグランドデザインが提示されなければ、行うべきかどうかの判断は非常に難しいと言えます。


 残念ながら、市長への質問で、これらの財源を何を削減する中で捻出するかをたずねましたが、全体の資金計画総枠の中で捻出するという回答しか得られませんでした。私はこれは非常に危険なことだと思います。個人のレベルで言うなら、現金ではなくクレジットカードか○○ローンで借金をして購入するような、自制心、自動制御の働きにくいやり方だと考えます。1000万、億の単位の施策がドンと決まってゆく一方で、福祉や教育の予算が数万円単位で削られてゆくのは、非常に気持ちの悪いものです。



 もう一つは、防災行政無線とコミュニティFMを結合させ、総合コストを安くしつつ、防災情報、地域情報をラジオ放送を通してお届けすることです。

 各家庭に2万円程度のFM受信機を設置しますが、これが高機能であり、不在時には後から録音を聞き直したり、2400ものグループを設定し、それぞれ向けの放送を電話を通して放送することも可能になります。つまり、ボランティアグループや消防、区、隣組などに向けた、戸別の放送が可能になると言うことです。

           メディアトライ HP      受信機紹介    


 また、コミュニティFMですから、一般のラジオで放送を聴けますから、災害時などは非常に大きな力を発揮することが期待されます。





 コメント

 これについては、防災行政無線はやらざるを得ないものであり、単独では26億円程度かかるはずのものが、コミュニティFMを結合させることで、基幹部分の防災行政無線6億円+コミュニティFM5億円で11億円(15億円の削減)となり、我々が主張していたことも反映される中で、大きな成果となったと考えています。

 受信機も、防災行政無線用のもの(アナログ)が5,6万円もしていたことを考えると、機能的にもはるかによいと言えるでしょう。

 あとは、コミュニティFMをどのように運営してゆくかが問われます。



 2)蒲井・旭地域振興計画については、私自身、一貫して原子力発電所建設については反対してきた経緯もあり、関電への文書撤回申し入れについては賛同します。

 だたし、その地元向け対案となる「蒲井・旭地域振興計画」については、30年間もの長い間、苦しい想いをしてきた地域に、大きな夢を描いて、また長い時間実現まで待たせるというのは避けたいと考えます。しかし、現実的に財政的には非常に厳しく、また地元の高齢化も進んでいます。総花的夢の計画ではなく、先ず一歩、本当の地域振興につながる一手を打つべきであると指摘をしておきました。

 私も家族で泳ぎに行ったことがありますが、非常に素敵な、プライベートビーチのような空間です。がけの上からスリリングに下を眺めるポイントや、長距離泳がないとたどり着けない浜。マングローブの林を思わせるような林と砂浜と海が圧縮された空間。あの空間を演出する力・人材が今こそ求められます。

  旭・蒲井地区はここです!(右上のサテライトボタンで衛星写真が見られます)


  空撮!旭・蒲井(丹後の空撮(2002.11.6)by 早川)

  京丹後市 蒲井・旭地域振興計画(案)を策定 〜関西電力蠅慂現馘渦鷽銃れ〜


viagra sljes:   USA
(1) 
PopnupBlog 2.1 Redwood-605 by Bluemoon inc.
Without Mail Option.
携帯サイト
携帯で最近の早川リポートや掲示板にアクセス!


お知り合いにぜひネットワークを広げて下さい。
知人に教える
Google
検索
amazonリンク
早川まさてると丹後の未来を語る会
〒629-3104京都府京丹後市網野町浅茂川1808 TEL:0772-79-2020 FAX:0772-79-2021
Powered by (有)創造工房 © 2001-2008