メインメニュー
早川リポート 最近の投稿

 rss
 rdf
 rss2
月別早川リポート
ページカウンタ
Copyright
早川まさてると丹後の未来を語る会
Tel:0772-79-2020
Powered by
(有)創造工房
HAYAKAWA
 Masateru
© 2001-2008
印刷物等への無断引用はお断りします。

2008年4月18日(金曜日)

一生懸命教育を語った3月一般質問

一生懸命教育を語った3月一般質問

3月議会の一般質問は、教育について、一生懸命語らせてもらった。是非見て欲しい。

早川 平成元年に、まだバブルがはじける前だったと思いますが、会社をやめて東京から丹後へ来させていただきました。それ以降、草の中で笑われながらでしたけれども、自然農法で稲をつくってみたり、今の言葉でいうなら予防医学だとか統合医療だとか、そういうことを自分なりに確かめて学ばせていただいた19年だったなと思います。その中で、昨今の状況を見ていますと、そのころ一生懸命学ぼうとしていたことが今の時代のトレンドになっているんだなというふうに感じて、先ほどのテレビで1ドルが96円という恐ろしい値上がりの仕方をしている。このような状況の中でこれから起きてくる、世界の中、日本、そして京丹後の中での出来事にどう対処するか、大変な時代になったなと思って、感慨深く見ておりました。
  最初に、人づくりのテーマから行きたいと思います。京丹後の子供たちがこれから出ていく世の中というものは、恐らく大変今とは違う激しい世の中になるだろうと思います。丹後で食べることができない、仕事がないから都会に出て、果たして本当に一家を構えるだけの収入を得られるのか、それとも人材派遣で暮らしていかなければいけないのか、そういうことまで含めて、人づくりという問題は極めて大きなテーマであることは、皆さんもご同様にお思いだと思います。

  この人づくりに関して、一つ夢を語っておきたいと思います。もう10年前になるかと思うんですが、アメリカのフィラデルフィアにドーマン研究所というのがあります。グレン・ドーマンという脳のリハビリテーションの専門家の研究所があって、そこで1週間缶詰でしたが、脳障害等の状況から回復していくプログラムを学ぶ機会がありました。その中で気がついたことは、例えば大脳が半分しかない子でも健常児と同じように脳が再生していく。そして、健常児よりもはるかに知能が高い子も生まれてくるという状況でした。そういうことから私が学んだことは、脳にとっての栄養というものは情報環境であって、それは体を動かすこと、目から入る情報等によって脳が育っていくんだな。また、今の学校教育というものは、子供たちの脳が発達していくそのプロセスというものと今の学校のプログラムというものが必ずしも一致していない、そういうことから来る無理があるんだなということに気がついていきました。

  その中で、先日、網野保育所で行われた柳沢運動プログラムの父母参観を見に行きました。非常にすばらしい成果が出ていたと思います。2歳児から5歳児まで、驚くべき集中力と運動能力といいますか、集中力が出ていた。このプログラムと脳の発育というものが、実に理にかなっている、ワンセットのものであったなと思います。このプログラムに関して、児童発達支援プログラムということで去年から予算をつけていただいていますが、昨年度が1.1万円、ことしが3.5万円ということで、本当に微々たるお金でこれだけの成果が出ているということは、もっとかけたらすごかっただろうなと思うところもあるわけです。

  私は、京丹後で育てていくべき子供たちの姿として、知的野生児という言葉で表現させていただいています。みずから気がつき学び、チャレンジしていく子たち、知性も野性味も、そして心も、もちろん徳育も含めてでありますが、そういう子供たちが育っていく、そういう場であってほしいと思う。その場が、私は京丹後であれば、出産前の胎教から中学校、高校までを一貫して見ていくことができるのではないか。今、中学や高校の一貫教育、小学校、中学校の一貫教育ということが言われていますが、それは一連の発達のプロセスの中で時期に応じて変動させることができるというメリットがあるからだと思いますが、私はそれが生まれるときから中学卒業であってもいいのではないかなと。それができるのが京丹後、田舎の地域戦略ではないかと思っています。体と心を育てる中で、「1人1年100冊運動」なども含めて、きちんと本が読める子に育てることによって、私はこれからの時代を生き延びられる子が育っていくのではないかというふうに思っておりますが、市長のこの人づくりに関する所見等ございましたら、お伺いしておきたいと思います。

中山市長 議員がお示しになられたようなプログラムも含めて、さまざまなプログラムの導入の検討について広くしていくということは、引き続き重要なことであるというふうに思っております。その上で、同時に、安全・安心で、かつ夢や可能性が、それぞれのお一人お一人の子供たち、特色を持った、個性を持った子供たちにとって広がっていくようなそういう教育の環境づくりということに意を用いないといけない。同時に、それは学校だけではなくて、ご家庭や、また地域皆でそういう環境をつくっていくということがとても重要であるというふうに思っておりまして、その結果、学力また徳育また体力、総合的にバランスのとれた健全な、丹後のあすを担うような、そんな人材づくりに、これは学校教育の時間また就学前のプログラム、また就学後のありようも含めてさまざまに皆で知恵を出して、いい教育環境づくりに努めていくということが大切であるというふうに思っております。

早川 私は今、京丹後を再生させていくためにやるべき改革として三つ上げさせていただきました。一つは教育の再生であり、医療の再生、行財政改革、行政の再生であります。今、やるべき事柄というものは、根本的な問題と、もう一つは枝葉があるなと思っています。枝葉はだめという意味ではありません。枝葉だけではもたない根本の部分をきちんとやり切る中で枝葉が生きてくるんだなと思っておりますが、私は、行財政改革、職員の意識改革も組織改革も施策のあり方もきちんとするということなしに、ほかのことは成り立たないだろうと。それから病院の問題、この赤字も含めた、医師の不足も含めたありように関してきちんと手を打つしかないだろうと思っておりますが、この問題をきちんとしなければ、この市政、京丹後市の発展はあり得ないと思っておりますが、市長の見識をお伺いしておきたいと思います。また、これ以外に根本的な問題としてやっておくべきと認識されていることがありましたら、教えていただきたいと思います。

中山市長 ご指摘はごもっともなんですけれども、他方で行革の問題というのは、これは新市発足以来のテーマでございまして、それを大きく掲げながら、この間、行財政の健全化、また住民の皆さんと協働で進める地域経営というか、経営という言い方はあれですけれども、官民で一緒になってまちづくりをしていこうというようなこと、大きなこういう二つの柱を掲げながらさせてきていただいておりまして、行政の健全化につきましては、これは特に歳出のありようについては精いっぱいのことをさせていただいております。人員の削減については、これ以上ない退職者不補充ということでさせていただきながら、同時に低いラスパイレスの中で、できるだけのさらなる負担も職員の皆様にいただきながら進めてきました。他の歳出項目につきましても、急激な歳出減ということの副作用というものを十分認識しながらも、できる限りの取り組みをさせてきていただいたところでございまして、今後とも財政の健全化また行政の着実な改善、改革ということについては、局面の変遷を十分意識しながらも、持続的な運営ができるように、しっかりと地に足をつけながらやらせていただかないといけないというふうに思っております。

  また、病院の問題、とりわけ市立病院の問題だと思います、につきましては、もちろん地域全体で安定的な医療サービスが提供できる形をつくっていかないといけないわけですけれども、直接我々の一番、いわゆるウイズ・イン・アワーハンドの部分として市立病院があるわけでございますけれども、この経営の問題については、先週来申し上げておりますようなプランをしっかりとつくる中で計画的になし遂げていきたいというふうに思っておりまして、そのための準備を、今、着実に進めておるところでございます。

早川 たくさんお話しいただいたんですが、つまるところ、行財政改革、医療の再生、教育の再生、それに加えて市長がおっしゃった市民との協働、このあたりをきちんとしなければいけないという趣旨で聞かせていただいたわけですが、私もそのとおりだと思います。市長の話をきのう伺っておりましても、それから病院の改革に関しても、木曜日でしたか、一番最初の池田議員の答弁等を聞かせていただいても、おおむね私が指摘をしてきたことと重なるような答弁をされるようになってきたかなと。さすがにしっかりとまとめてこられたなと思っておりますが、最近、ある職員さんなんかと話をしていても、非常に意外に思ったのが、市長の言っていることが早川の言っていることと似ているのではないかという話を聞きました。恐らく市長もご迷惑だと思います。私もかなり意外だったわけですが、考えてみると、他の市議さんの質問等を聞いていても、時代の意識というものはかなり一致してきているのかなと。市のあり方、方向性に関しても、おおむね重なる時代に来たのかなというふうに思っています。これは私自身、先ほど言いましたように、10数年ここでずっと模索してきたこと、ここの地で模索してきたことと、例えば東京の官僚をやっている友人と話をしても、おおむね重なるようになってきているということで、時代のトレンドがそういうところに来ているのであろうかなと思うわけであります。そういう意味でいうと、逆に、市長の提起されている方向性というものをかなり私は深く理解できる方の1人だと思いますし、その問題点も指摘をさせてきていただいたのかなと思っております。

  問題は、なぜ私から見て根本的だと思われる問題が、この4年間改革が進まなかったのかということであるかと思います。一つは組織改革、財政改革、それから学校の統廃合や医療補助金の問題等、やっておくべき問題が本当に延び延びになったと感じる部分があります。確かに市長が先ほどおっしゃったように、すべてではないのかもしれません。でも、なぜそういうやるべきことというものが、多くの議員さんもそれは感じておられていると思いますが、延び延びになってしまったのか、その理由や、今後に向けてどういうことができると思っているのかを聞いておきたいと思います。

中山市長 その前に、すみません、先ほどのご質問の中で、そのほか大切な課題があればというふうにおっしゃっておられたのを失念しておりまして、申しわけなかったんですけれども、私は行革も病院も大切だと思うんですけれども、まず市民の皆さんを、いつも言わせていただいていることなのですが、市民の皆さん本位に考えて、何が基礎的自治体として一番しないといけないことなのかというのを絶えず振り返らないといけないということの中に、そういった課題とともに、あるいは大変重要な課題として、私は雇用とか産業とか経済の問題があるというふうに思っておりまして、これは国、府にお任せするのみならず、当然、基礎的自治体として、連携をして主体的にさまざまな取り組みをしていかないといけないというふうに思っております。

  特にこういった産業の問題について言えば、同時にお金の問題、当然、ひっついて出てきますので、行政の健全化と裏腹になりがちなわけですけれども、何とかこの両立を図っていかないといけないということの中で、行革についても指標管理を徹底をしていくと。そんな中でどういうことができるのか、中期的ににらみながら、産業や雇用の充実に全力で当たりたいというふうに思うわけでございますし、そのことの関係で、後半のご質問で学校の統廃合また補助金の話もございましたけれども、これも類似の、このような議会の皆様との一般質問等の場でも申し上げておりましたけれども、やはり新市になって多くの課題がある中で、優先順位づけをどうしてもせざるを得なくて、そんな中で、まず行政の健全化の問題ですとか産業の問題ですとか、こういったことに取りかかってきたわけでございますけれども、これと同時に学校の統廃合を進めることは、私は、学校の統廃合というのはもちろん経費の問題もひっついてくるわけですけれども、同時に、冒頭で質問されたような、人づくりという一番大切な問題にかかわる部分ですので、一緒に行革と同じ時期にやってしまうと、どちらかというと、そっちのほこりをかぶってしまうことにはならないかという問題意識の中で、一たんほこりがすっとおさまった半歩おくれの状況の中で冷静に、もちろん経費の問題もありますし、そして一番大切なのは、子供たちのことをどうしていくかというような視点で考えていくということが必要だということの中で、昨年の6月に体制を発足させていただいて、検討を、今、していただいているという、そういう時間の整理をしております。

  補助金の問題についても、これは旧町の中でさまざまな補助金が並立をしているような状況の中で、同じようなイベントでも多額にお支えしているもの、そうでないもの、あるいはそもそもやっていない、A町ではやっていないけれどもB町ではお支えしているものなど、非常に多種多様な補助金が基準なく並立しているような状況を、これをどう市民生活への影響を最小限に抑えながら新市としてのものに持っていくのかというのは、どうしても一定の時間が要るんですね。という中で、ルールをつくって、まず2年、3年は、これは手だてとして10%ということをしながらどこまで戻せるかというようなやり方で進めながら、そして目標として、これは21年度からですけれども、は、一たん白紙に戻してやりましょうと。それまでの間に新市としての足並みをどうそろえたらいいのかというのは、現実の力学も踏まえながら、団体の皆さんの思いもそういった時間の中で熟成していただきながら、全体のバランスをとっていこうというそういう時間が必要な過程の中で、今、改革を進めているわけでございまして、そういう意味で時間が来ているということでございます。改善をしていく必要性については、認識としては当然持っておるからこそ、こういう形になっているということだと認識をしております。

早川 今の市長のお話を聞いていると、何か論点がよくわからなくなるんですけれども、組織改革や医療の改革、これに関してどう思われます。私は先ほどの教育の話も納得はしていないんですけれども、特に聞いておきたいんですが、組織改革が私は進んでいるように思えない。それから、医療の審議会、推進会議等を通して、どんどんどんどん後に延びてしまっている気がしますが、いかがですか。

中山市長 組織改革というのは、これは毎年毎年いじるような話ではないと思うんですね。この組織のありようについては、18年度の段階で、1年、2年の思いを踏まえて組織の改編を、当時としてはベストという思いの中でさせていただいたわけでございまして、そのベストの思いの中で執行して、今、2年近くたつわけでございます。どうしても見直しをするにはそれぐらいの時間は必要なわけでございまして、この間、もちろん定員の事情も大分変わってきておりますし、市を取り巻く国の制度の事情や、また民間の事情も変わってきておりますので、また住民の皆様の意識のありようというのもそれぞれやはり変化もしてきているわけでございますので、そういったことの中で、どういう組織があり得るべきかというのは新体制の中で改めて検討すべきであるというふうに認識をしております。

  同時に病院につきましても、これは平成16年度、後期の研修の導入というのが、当時の認識は、逆に18年になったら戻ってきていただけるのではないかと、16年、17年、辛抱すれば、18年は大丈夫だよというのがそこそこ支配的だったんですけれども、そういうことの中で、何とかお医者さんの確保というのを18年にはできるということでさまざまな検討も進めておったんですが、17年の暮れぐらいから様相が全く逆に、これは全国的になってきて、18年の4月を目指してさまざまに引き上げの動きというのが、我々のところもそうでしたし、ほかの町でもそうなったということで、18年の春以降、全国的に大変な状況になったんですけれども、そういう状況の変化がある中で、まずはお医者さんの手当てを、系列の大学以外のところも含めて、さまざまに主体的にしていくことの重要性というのが出てきたわけでございまして、それに奔走する必要があったと。当時もご答弁させていただいておりましたけれども、やはり再編を考える、私はタイミングというのがあると思うんですね。特の将来の着地点を考えたときには絶対タイミングの議論があって、着地点としては、当然市として安定的な医療サービスを持続的に提供できる形というのはぜひとも堅持したいと。ぜひとも堅持したい。その上では、どのタイミングで議論をするか。お医者さんも減っている中で、将来の見通しも立たない中で議論をしてしまうと、恐らく縮小均衡の方向に引っ張られざるを得ないというようなことが当然想定されるわけですけれども、それは地域としては絶対耐えられません。耐えられないから、お金は幾ら使っても、まずお医者さんを確保してしっかりした一定の医療に、例えれば急性期は一定の落ちついた状態にしてから、そこから展望を持って、ゆっくり頭も回る状況になって、全方位見られるような状況になりながら検討していくということが、私の立場として絶対大切だと思いましたので、お医者さんの確保に全力を挙げておりました。

  そして同時に、その間、これは基礎的自治体だけでは絶対だめですので、国、府の制度的な支援が絶対必要だという思いの中で、私も自治体協議会の京都府の役員の立場もさせていただいておりますので、全国の大会にも出ますけれども、そういう場などで声を大にして、ほかの地方の皆様と一緒になって、国等の支援を心からお願いをしてきました。府に対しても、医療の派遣の仕組みも整えていただきましたけれども、府の医療の審議会にも入れていただいて、そういうお話を、絶えず制度的なお話をしながら、また府からの緊急的なご支援もお願いしながら、そして同時に、我々独自のお医者さんの確保もすると、まずこれが大切だと思って時間を重ねてきたのがこの間でございまして、ようやく国の仕組みも整って、我々のプランも立てられるような準備が進むような状況になってきているということでございまして、結果として見て、制度側にとっては必要な時間の経過なのかなというふうに思って振り返っておるところでございますし、これからがまた大切なところだというふうに再認識をしているところでございます。

早川 市長、たくさんしゃべれていいですね。うらやましい。審議会が開かれた、その最終でしょうか、議事録を見ると当時の会長が「もうここから審議会にするところではない。市の理事者がきちんと方向性の決断をもって提示すべきだ」と言っております。その後、推進会議という条例にも提起されていない会をつくって、1年半でしょうか、やってきた。去年の9月の議会で市長は、12月には中間かどうかわからないけれども意見が出るんだとおっしゃったけれども、出なかった。そしていまだに出ないまま行って、今回の議会の中の答弁では20年度中に出すんだと。私からすると先送り先送りが続いているようにしか見えないということであります。

  危機管理についてお伺いしておきます。政治とは危機管理であると言われています。市長は、この市民を守るための危機管理というものをどのようにお考えか、どういうことであるとお考えか聞いておきたい。

中山市長 危機管理ということでございますけれども、これはあらゆる危機に想定をしていかないといけない、市民の皆様の安全・安心また日常の生活を守るために日ごろの備えを怠ってはならないという意味で、さまざまな危機を想定しながらしっかりと対処をしていかないといけない、その責めが基礎的自治体にはあると。日ごろの準備が大切だというふうに思っております。

早川 私は、危機管理というものはマニュアルをつくることではないと思っています。身近にある小さな危機の芽を見つけて致命傷になる前に未然に防いでいく、こういうことだと思っています。現場を歩くと本当にひしひし怖いぐらいに危ないことを感じることが多いです。先日も機をやっておられる方がうちに来て、2時間、4カ月仕事がないんだと苦しい話をしていかれました。おかしいなと思ったようなこと、それから想像力、直観力、感性を働かせながら、その中から未然に防いでいくということが一番大事なことだと思っています。

  先日、ホームページで審議会の答申を見ていきましたら、答申の案は出ていても答申が出ていない。何でだと聞いたら、審議の過程を載せるということになっているから、答申は過程ではないから載せていないんだという答弁でした。私は、根本が未着手のまま京丹後の問題はどんどん悪化しているように思っています。

  先送りすべきでない根本の問題がたくさんある。例えば、今回提起されています職員の給与の問題、これも17年度からたしか出ていた問題。これに至るまで、今回決めることはやむないだろうと思っていますが、ここに至るまでにしておくべき、できたことがたくさんあるはずです。骨格予算も当初予算とほとんど変わらない。骨格の規模が、どんどんどんどん財政を縮小させなければいけない中で、根本的な仕組みを変える中で、骨格そのものの枠組みはもっと小さくならなければいけないのが、ぎりぎり削ってああいう姿だったんだろうなと思います。

  また、12月でしたでしょうか、12月の議会のときに、京都新聞でしたでしょうか、ある病院での医療ミスの問題が新聞記事になった。私はそのことよりも驚いたのは、その情報がきちんと市長に伝わっていなくて激怒されたという話を聞いて非常に驚きました。組織としての危機管理の情報の流れだとか体制が、私は危険レベルに達しているんだなと思いました。私は、何が何でも京丹後を再生させねばならないと思っています。聞こえのいい言葉や理屈の裏にある危機を見抜くのは非常に難しい。しかし、市民を守るために危機管理能力が現時点では不足していると言わざるを得ないだろうと思っています。市長は、道半ばであるということをよくおっしゃいます。私は今の状況を見ていると、破綻への道半ばではないかと思っています。京丹後市再生の、やはり今回、どのようにこの市政を守っていくかということはラストチャンスではないかということをお伝えしまして、私の一般質問を終わりにしたいと思います。

作成日: 2008/04/18


2007年9月8日(土曜日)

一般質問の内容を深める9垪眄改革

一般質問の内容を深める9垪眄改革

3.進行管理なき行財政改革と組織改革

  a)進行管理なしで放置されていた行財政改革の今後

  b)現在の組織の状況についての評価と今後

 京丹後市の行財政改革が立案されただけで、進行管理が全くなされていなかったことは、6月議会の私の一般質問で明らかにした。下記リンクで会議の開かれた日程を見てもらえれば一目瞭然である。内部の状況もある程度は知るだけに、個々指摘するのは非常に心苦しい。これを作ることに、そして、これを作れなかったことに苦しい思いを重ねた人たちがいるだろう。その努力には敬意を表しておきたい。

 京丹後市行財政改革推進本部 会議結果 のうち、 第12回会議の議事録は是非見て欲しい。

 読んでみると、行間に相当な含蓄があるのだが、象徴的な記述を抜き出す。

〔資料 ↓◆↓について、事務局から説明〕
〔本部員からの意見なし〕

〔次第に掲載している「(2)今後の進捗状況管理について」を事務局から説明〕
〔本部員からの意見なし〕

 この問題を「危機管理能力と当事者意識」という本質から見てみたいと思う。以下、今年6月3日の防災訓練での出来事である。

 訓練が概ね終了した時点から、6庁舎をテレビ会議で結んで総括会議?が行われていた。私(早川)は、ある市民局で後ろから見ていたのだが、市長か副市長の総括の途中で突然音声がとぎれた。パソコンの画面に小さく映っている各市民局のそれぞれの顔は動揺を見せず、無音のまま普通に時間が過ぎていった。あまりに気になり、私は局長に紙に書いてカメラに示すよう提案し、それが実現するかどうかの時に音声回復。

 私はこの場面に立ち会う中で、それぞれの危機管理意識、危機管理能力、当事者意識の状況が象徴的に示されたと感じた。(こんな細かい?出来事で深読みしすぎだと感じる人もいるだろう。ささいな出来事に危険を察知し、予防的に動くのが危機管理能力の基本である。民間なら怒鳴られるんじゃないかと思うが。)防災訓練は、何が起こるかわからない危機、トラブルに対処する訓練である。担当はもちろん、担当外も意識のアンテナを張り、共同協力補い合いながら状況に対処する訓練である。はずだ。あってほしい。担当がとか誰かがするだろうではなく、カメラの前で耳に手を当てたり、×印を手で作ってもいいから何らかの動きをして欲しかった。トラブルが起きていることはすぐ全体に伝わる。それが顔が映っているテレビ会議の良いところのはずだ。それぞれが補い合いながらセンサーを張り、身の回りにある全てを活かしながら状況に対応してゆく。それが危機管理の訓練だ。事前に書いた原稿をカメラの前で順番に読んでも訓練の意味はないと私は思う。

 この状況では、理事者も大変だろうとは思う。なぜそうなったかは別としても、この状況のままで行財政改革を進めてゆくことは極端に難しい。それは、行財政改革の本質は、「危機管理能力と当事者意識」だと私は思うからだ。計画の紙や進行管理に魂が、心があるのではない。「やばい」と気がついた人がそれをストップ・改善してゆけば改革は進む。それなしの計画や進行管理は、やっているふりをするための道具になってしまうだろう。項目の上で行革の実施率91.1%などと言っても意味はない。職員が「こんなもんでいいんだ」と思ってなおさら当事者意識のレベルを下げる結果になると私は考える。「大失敗した。私の責任だ。時間を大幅にロスして、一刻の猶予もない。明日から、いや、今日から死んだ気でトップ自ら突撃する」とでも言えば、多少はびくっとするかもしれない。

 市長には、「危機管理能力と当事者意識」という観点も踏まえ、行財政改革の進行状況についての見解を聞きたい。その切り口は、(1)持続可能で安定的な行財政運営 (2)市民起点・市民本位の改革とそのための職員の全庁的な意識の共有化 (3)行財政の仕組み変革 である。これらは、京丹後市行財政改革推進計画(集中改革プラン)の「計画策定の趣旨」そのものである。

 加えて、行財政改革推進計画状況報告書について、1)<心>が抜けていないか 2)計画全体の視点からの評価(人材育成、財政健全化(予算総額)、組織・機構改革、市民との共同推進など)が欠けているのではないか 3)議会・市民への報告 という観点から確認する。

 (「計画全体の視点」とは、京丹後市行財政改革推進計画が示す内容である。特に献據璽犬凌泙呂錣りやすい。細部の状況も大切だが、何をするためにやっているのかを忘れてはならないと思う。)

 

 次にb)現在の組織の状況についての評価と今後 についてである。これは、行革の一部でもあるが、極めて重要な意味を持っている。私は、必要な組織改革がほとんど進んでいないと考えているが、とてもそれを今回の30分枠で示すのは厳しい。2点に絞って市長に対して確認を行いたい。

 1)今年度中の組織・機構改革を行う考えがあるか。

 2)6月締め切りで集計された職員の退職希望状況と人事の時期。

 市長は、H18年4月からの組織改編の際に、行財政特別委員会での質疑で「この組織改編は本格的なものであり、今後4,5年通用するものである。」という趣旨の答弁をしている。(当時の担当部長は、それ以前に、私からの質問に対して、「京丹後市組織・機構編成方針を組み入れたものではなく、退職者分を市民局から引き上げる形の改変。1,2年後には変える必要がある。」と発言している。)

組織・機構改革の検討結果について→H18年4月から実施

3 組織改革の特徴
新しいまちづくりを実現するために本庁機能を充実強化
◆「総合戦略課」を新設
◆「海業水産課」に機能充実・改称
◆「丹後の魅力総合振興課」に機能充実・改称
◆「医療改革推進政策監」を設置
◆農業委員会事務局を大宮庁舎へ移転
◆ 「本庁」は事務事業を見直す中で、計画の立案、調整、政策の推進などを中心として行
反映できるよう、情報提供、情報共有の仕組みを充実し、広聴活動に力点をおく組織と
します。
◆ 「市民局」は窓口業務を整理する中で、市民にとってわかりやすく、身近なサービス
を中心に提供する機関として位置付け、ワンストップサービスを考えて現在の「地域総
務課」と「地域福祉課」を統合して「市民福祉課」とし、現在の3 課を2 課体制としま
す。
市民の声をより反映できる組織づくり
広聴機能を充実させ、市民の意見を行政に反映させていくという市
の姿勢を強調する意味をこめて、また、秘書業務の命令・決裁系統の迅速化を図るため
広聴、秘書業務を市長直轄組織とし、名称も「秘書広報広聴課」とします。

以上が今回の組織・機構改革案の検討結果ですが、このことにより、部は9 部から8 部1 職
(医療改革推進政策監を設置)となり、課は市民局の6 減と本庁の1 増1 減で、スクラップア
ンドビルドにより行政機能の効率化及び総合的な強化充実を行うこととするものです。

 

 組織改革は急務だが、実効性のある組織改革をしないと壊滅的影響を受ける可能性がある。上記の組織改革の評価をきちんとしないと始まらない。私は、この18年4月の組織・機構改革は、善し悪しは別として市民局を2課にしたことと農業委員会移転以外は軒並み上滑ったと見ている。

 加えて、4月1日からの人事をどのように行うのかは、特に部局長レベルの補充と部・局の数が非常に関連している。(過去の組織改革においては、部長級の数を減らせない=降格人事はできないという前提の元で部・局の数が考えられていた形跡がある。) そして、5月には、市長・議員の改選が控えている。

 来年度予算については、「法的な拘束はないがマナーとして骨格予算を組む」ということは、先日の議会で市長は明らかにした。組織、人事についての考え方を確認する。

 

 質問に組み込む余裕はないと思うが、下記グラフは再掲載しておく。保育所の年代別職員構成と人件費グラフである。私は6月議会一般質問において、51才以上の団塊の世代について退職者が増えると市立保育所自体が成立しがたい状況が生まれてくることを指摘し、人材の早期育成と中途採用も含めた保育士の新規採用を急ぐべきだと提案したが、市長は「グラフを見ると、まだ退職までに3,4年あるように見える。長くいてもらってその間に対処を・・」という趣旨の答弁だったが、状況はそれほど甘くない。その場しのぎを重ねるほど、問題は複雑化し、対処が難しくなることが多い。

   保育所 職員の新規・中途採用再開の必要性 2007年7月10日(火曜日)

保育所3

 京丹後総合サービスについても扱いたかったが、ギブアップ。2時間欲しい。

作成日: 2007/09/08


2007年7月18日(水曜日)

豊岡運動遊びのつどい

豊岡運動遊びのつどい

 先日、豊岡市で行われた「運動遊びのつどい」の記録を一部お見せしたい。

 豊岡市の取組と、今回の企画については、下記リンクでご覧頂ける。

豊岡市の「こころ豊かな子ども」を育成する取組
   幼児期における「運動遊び」事業
  〜運動好きな子どもは「こころ」も育つ〜
http://www.city.toyooka.hyogo.jp/undou/index.html

運動遊びのつどい」を開催します!!
http://www.city.toyooka.hyogo.jp/undou/tudoi.html

 携帯の動画で記録したものを一部ご覧頂きたい。3人の方々の声を生でお聞きいただけると、気配として見えてくるものがあるはずだ。

 1部
   ・基調講演 柳澤秋孝 松本短期大学教授
     「子どもの脳の発達と運動の関係」
   ・実践発表 平澤豊満 長野県箕輪町町長
     「運動遊びにかかる長野県箕輪町の取組」

   ・トークセッション 〜長野県箕輪町と豊岡市の挑戦〜
     「できた体験が子どもを延ばす 柳澤運動プログラムの効果」

中貝豊岡市長
 

 教育行動計画(この中に柳澤運動プログラムも位置づけられている。)
  ・小技であること。
  ・総合的であること。  → 豊岡の不登校の子どもは6割減っている!
  ・実証精神で裏打ちを。
     
       子育てが楽しい町 豊岡を創ろう!

平澤箕輪町長

 柳澤運動プログラムは全てではない。しかし、必要条件というかベースになるものであり、間違いなく素晴らしいものである。実践しながら、子ども達が変わってゆくのを楽しみながら取り組んで欲しい。

柳澤教授

 私のところに全国からたくさん来られる方がおられるが、大体が保育士さんや園長さん。豊岡市や箕輪町のように行政のトップが積極的なところは伸びる。現場だけでは止まってしまう。トップダウンの効果はてきめんである。
 箕輪町は9園だが、豊岡市は幼稚園あわせて50園もある。どのように広げてゆくのか、課題だ。

 

 2部
   ・親子ふれあい運動遊び (柳澤教授の直接指導)

 これをやりたかったのです。このつどいに京丹後市も参加できていたらどんなに素晴らしかったか。北近畿教育連携が、全日本田舎教育連盟が設立できたかもしれない。まだあきらめてはいない。チャンスは残っているはずだ。

作成日: 2007/07/17


14 queries. 0.364 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

携帯サイト
携帯で最近の早川リポートや掲示板にアクセス!


お知り合いにぜひネットワークを広げて下さい。
知人に教える
Google
検索
amazonリンク
早川まさてると丹後の未来を語る会
〒629-3104京都府京丹後市網野町浅茂川1808 TEL:0772-79-2020 FAX:0772-79-2021
Powered by (有)創造工房 © 2001-2008