メインメニュー
早川リポート 最近の投稿

 rss
 rdf
 rss2
月別早川リポート
ページカウンタ
Copyright
早川まさてると丹後の未来を語る会
Tel:0772-79-2020
Powered by
(有)創造工房
HAYAKAWA
 Masateru
© 2001-2008
印刷物等への無断引用はお断りします。

2008年2月19日(火曜日)

♪シャイヨール国際メンバーによるフランス音楽の夕べ♪

♪シャイヨール国際メンバーによるフランス音楽の夕べ♪

 お知らせです。3月1日に音楽会が大宮で催されます。国際交流を兼ねた事業で、秋にも同じ流れでフランスからメンバーが来られて交流されるそうです。是非、ご参加下さい。

日時:3月1日(土)19:00開演(18:30開場)
場所:大宮織物ホール2階
入場料: 1,500円(学生1,000円)ワンドリンク

来日メンバー
芸術監督:ミカエル・ディアン
歌:セヴァン・マヌキアン
ギター:トーマス・ケック
バイオリン:サオリ・古川
ピアノ:ダヴィッド・サリアモナス

主催:NPO法人音楽のまちづくり
共催:ハーブとスローフードのまちづくり
事務局:0772-62-5994

チケットお取扱
宮田音楽堂62-0427
しるくろうど68-0475
モリノ72-0744
淀徳書店62-0801
マルヨシ書店62-0483

♪フランスシャイヨール国際フェスティバルメンバーとの交流会♪
3月2日(日)OPEN 5:30  START 6:00
開場:久美浜カンツリークラブ 2階レストラン
入場料:大人 2,000円 子供 1,500円(コーヒー、ケーキ付き)
主催:NPO法人音楽のまちづくり
協賛:久美浜カンツリークラブ

お問合せ:久美浜カンツリークラブ
TEL:0772-82-0460
〒629-3422 久美浜町湊宮

作成日: 2008/02/19


2007年8月22日(水曜日)

三方善の経営

三方善の経営
 
 先ほど、産業建設常任委員会の3日間の視察から帰ってきた。一つ一つ、私にとっては非常に深いヒント、京丹後のこれからを考える上で具体的な切り口を見ることが出来たと思う。

 岡山県で味噌醤油・焼酎・日本酒などの醸造機械でトップを走る(株)藤原テクノアート様を視察させていただいたのだが、「三方善の経営」という言葉を伺った。ユーザーも、会社も、社会も良くなるという経営ということのようだが、最近のウインウインの関係という言葉より、社会が良くなるという視点を含んでいるところがうれしい。

 実は、視察中の昨日朝、非常に気になる情報が私の携帯に入ってきた。対外的問題も含んでまずい結果につながる話だったため、担当?に電話し、その状況に対する私の認識とリスク評価をお伝えした。

 私はその施策(とも言えるレベルとも思わないが)は好ましいと思ってはいない。しかし、多くの人がかかわり、現実にスタートしてしまった以上、気持ちよく、良い形になってくれたらと言う想いは持っている。今回、即座に対処できうるかと思われる筋に連絡を入れたのは、関係する方々が少しでも良い気持ちで持ち直してくださることを願い、京丹後市としての名誉をなんとか回復したいという思いだった。(良くない結果になって、ほれ見たことかと言いたいなら、手遅れになるまでほっておけばいい。)

 その日の夕方、その動きを受けて、私にではなく別の議員に入ってきた情報は、予想をはるかに下回った内容だった。そんなことはない、そっとしておいて欲しいのレベルのようだ。(直接聞いた内容ではない。間違っていたらお詫びする。)

 読んでおられる一般読者には、何が起こっているのかわからないことと思う。しかし、今、具体的な話としてここに書くことは避けたい。関係者は間違いなく何を指しているかわかるだろう。(何が起きたかをきちんと知らされていない関係者は分からないだろう。)

 失敗してしまったことは、今から元に戻すことはできないと思う。しかし、誠意を持って対処すれば、回復することはできるかもしれない。雨降って地固まると言うこともある。フタをしたら、それまでである。

 すでに、そういう方向で対処を始めておられたら、大変失礼な文章になるかもしれない。また余計なことをと言われているかもしれない。しかし、私は「三方損の関係」になって欲しくないと思う。

 一人の関係者に訴えても意味がないことは分かった。少しでも良い方向に動くことを期待して、ここに記す。

作成日: 2007/08/22


2007年7月16日(月曜日)

中越沖地震

カテゴリー: - 早川まさてる @ 23時56分27秒

中越沖地震

 柳沢先生達と10時過ぎにお茶を飲んでいると、先生の携帯に連絡が入った。「新潟ですごい地震が起こったらしい。」台風4号が通り過ぎてほっとしたとたんにこんな事が起きるとは、そして、ほとんど同じ場所でまたもや大地震とは・・・。

 台風4号、そして今日の中越沖地震で被災された方々に心からお見舞い申し上げ、そして、命を失われた方々に心よりご冥福をお祈りしたい。

 今朝、9時に待ち合わせで車を止め、暇だったので車のトランクに手を置いてアキレス腱をぐぐっと伸ばしていた。(その姿を見た人が、わざわざ車を止めて「手伝いましょうか?」と来てくださった。一瞬意味がわからなかったのだが、車が故障して一生懸命押していると思われたらしい。人の親切な気持ちを感じさせていただき、とてもうれしかった。)そして、そのとき、ナンバープレートに貼り付けられたニコニコマークのシールを久しぶりに見た。これは2004年新潟県中越地震の際にボランティアで小地谷市を訪れた際、ちょっと一緒に遊んでいた小学生の子ども達がいたずらで貼り付けたものだ。なんとなく剥がす気になれなくてそのままになっていたのだが、暗示的だった気もする。

 今回の地震の規模、発生機序は、中越地震と似ているそうだ。思い出す意味も含めて、その際の(2004年の)写真を再掲しておきたい。おそらく同様の状況になっているのではないかと思われる。被害の有様や、これから始まるであろうボランティア活動のイメージを掴んでいただけたら幸いである。

http://www.tango-hayakawa.net/modules/xoopsgallery/slideshow.php?set_albumName=album24
http://www.tango-hayakawa.net/modules/xoopsgallery/slideshow.php?set_albumName=album25
http://www.tango-hayakawa.net/modules/xoopsgallery/slideshow.php?set_albumName=album26

(少しマニアックになるが、今回の地震のデータはこちらに詳しい。http://www.hinet.bosai.go.jp/topics/niigata070716/

 14日に、「林住期」という文章を書かせてもらった。そして翌日、NICU(新生児特定集中治療室)で病気と闘う新生児たちの番組を見た。産まれて間もなく旅だってゆく子達もいる。受け止めようと精一杯がんばっている両親の姿。

 80才なら80才なりの四季、40才なら40才なりの四季、20才なら20才なりの四季があるとは思う。しかし、あまりに早い旅立ち、災害での旅立ちをどう捉えて良いのか。天寿とは思いつつも、細井先生が講演されていた疼痛緩和に精神的、そしてスピリチュアルなフォローが必要というお話の意味を噛み締める。

 柳沢先生、平澤町長、中貝市長のコラボレーションによる講演会は、非常に印象深いものであった。後日、報告したい。

作成日: 2007/07/16


14 queries. 0.321 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

携帯サイト
携帯で最近の早川リポートや掲示板にアクセス!


お知り合いにぜひネットワークを広げて下さい。
知人に教える
Google
検索
amazonリンク
早川まさてると丹後の未来を語る会
〒629-3104京都府京丹後市網野町浅茂川1808 TEL:0772-79-2020 FAX:0772-79-2021
Powered by (有)創造工房 © 2001-2008