メインメニュー
早川リポート 最近の投稿

 rss
 rdf
 rss2
月別早川リポート
ページカウンタ
Copyright
早川まさてると丹後の未来を語る会
Tel:0772-79-2020
Powered by
(有)創造工房
HAYAKAWA
 Masateru
© 2001-2008
印刷物等への無断引用はお断りします。

2008年10月26日(日曜日)

日本ミツバチが来た!

カテゴリー: - 早川まさてる @ 23時16分17秒

日本ミツバチが来た!

日本ミツバチの巣
 実は今、私は日本ミツバチを飼っている。飼っていると言うべきか、勝手に住んでいるというか、まあ、微妙なところだが、毎日ミツバチの様子を見て、巣を襲いに来ているスズメバチやクマンバチを虫取り網ですっと捕まえ、退治する。私は多分抗体が貯まっているので、一発刺されるとショックで死ぬ可能性もないわけではないが、落ち着いたものである。

 今は昔、選挙準備中に出会ったお宅が日本ミツバチを飼っておられた。何かピンと来るものがあり、頭の片隅で意識していたのだが、6月頃だったか、ふと思い立って話を聞きに行った。巣分かれする時期が終わりかけていたので始める時期としては非常に厳しかったが、杉の木をくりぬいたものを分けてくださり、自分でやってみることにした。

 切り口の平面を出し、内部をバーナーであぶり、底板とフタを作る。本当はそれから蜜蝋を塗ったり、ミツバチがよってくる特殊な花を用意したりするのだが、用意できず、取りあえずおいてみたが、しばらくたっても当然何もよってこなかった。あきらめて「まあ、来年のシーズンはもうちょっと準備してみよう」とほっておいた。

 普通は、適期に誘引花を準備して10セットおいて、それでもいくつか日本ミツバチが巣を作れば上出来ということらしい。

 全く忘れていた10月初旬、そばを通ったらスズメバチがブーンと旋回している。草むらから呼応するように沢山の虫の羽の音がする。よくよく見ると、ミツバチがいる。驚いた。いやぁ、嬉しかった。まさか!である。

 聞いてみると、そんな時期に入ってくることはほとんどないらしい。ましてやいいかげんな作りの雨漏りがするような巣である。本当にラッキーとしかいいようがない。

 それから、巣の入口を狭くしてみたり、スズメバチ捕獲器を設置したり、虫取り網を買いに走り回ったり。。。

 おかげさまで、なんとかスズメバチの攻撃は対処でき、日本ミツバチたちは元気に蜂蜜と花粉を集めてきてくれている。巣のすぐ横に行っても今は平気で、何故か分からないが、最近はハチが私が近づくとその回りを群がるように飛ぶようになってきた。

 たまに巣を持ち上げてそっと中を覗くと、立派な巣が成長してきている。うーん、美味しそうである。

 西洋ミツバチの蜂蜜に比べて、日本古来の日本ミツバチが集めた蜂蜜は、百花蜜とよばれて、非常に栄養価が高く、美味しいと言うことだ。西洋ミツバチは、1種類の花から集中的に集めるが、日本ミツバチは様々な花から集めてくるらしい。そして、量的にもそれほど採取できないようだ。

 今の安い蜂蜜は、中国産がおおい。聞くところによると、砂糖を化学的に分解して作る蜂蜜もあるらしい。

 よく見ると日本ミツバチの顔はなかなかにかわいい。その巣の回りでの動き、飛び出す様、帰ってくる様、時々巣の中から聞こえてくる、ブイーンというすごい羽の音。群れで生きる生き物のすばらしさを感じさせてくれる。

 あっちこっちの仲間が、それぞれの自宅で日本ミツバチを飼ってもおもしろいなと思う。10人もやってくれたらそれなりのインパクトが出てくるだろう。先達もおられる。興味のある方、連絡を下さい。

 群れで生きていることを忘れてしまった人間の所作が何をもたらすのか、いやと言うほど学ばざるを得ないこれからの時代、日本ミツバチから学ばせてもらうことも多そうな気がする。蜂蜜もきっと美味に違いない。

作成日: 2008/10/26


2007年8月26日(日曜日)

わしもマッ■で考えた。

カテゴリー: - 早川まさてる @ 16時07分05秒

わしもマッ■で考えた。

 ここ何日か外食が続いている。金・土と自治体学会が舞鶴であり、缶詰。(いや、缶詰を食べたのではなく、缶詰で勉強した。) 今日は農会の一斉草刈りに出られないので6時過ぎから草刈りをして、あわてて防災訓練に行き、某府議と情報交換しながら外食。店には行って食事すると思わず脂っこいものや肉系統を注文してしまう。長年の行動の積み重ねが自動反射的にオーダーを偏らせる。

 朝、京都府の防災訓練に行く前に少し時間が余ったので、マッ■に立ち寄り、コーヒーを飲みながらGTD(Getting Things Done)を使って頭の整理。

 (GTDについては、いつか書くときが来ると思う。まだ自分でやって見つつある段階だが。非常に的を得ているし、相性がいい気がする。興味のある方はGTDで検索してみて下さい。ストレスフリーの仕事術P.51から引用しておこう。「あなたの頭がするべき事、するべきでないこと  何かを覚えたり、思い出すという作業は、優秀なシステムに任せてしまおう。これらはあなたの頭で処理すべき事ではない。頭がすべきなのは、そこにある情報を見直し、選択肢を作り出し、「どのように実行するか」を決めることだ。しかし、頭がすべきでない仕事を信頼できるシステムに任せない限り、頭は本来するべき仕事よりもずっと低レベルの作業をせざるを得ない。そろそろあなたの頭を出世させてみようではないか。」ピンと来た人は是非研究を。)

 そのとき、興味深いものが目に飛び込んできた。トレーの上に置いてある紙である。「食育の時間」と書いてある。思わず目が吸い寄せられる。<マックとドナのおいしい時間>という漫画形式の記事だ。セリフを引用してみる。

 ドナ「あっ どうしよう きのうはカルシウムが足りなかった! きょう 骨が折れるかも!!」

 マック「おいおい ドナ 一日に必要な栄養とカロリーは「めやす」だから3〜4日で調整すればいいよ 
      あんまり神経質になるとかえって体によくないよ」

 ドナ「3〜4日で 調整すれば OKなの? じゃあ・・・」

 ドナ「きのうは マックと 会えなかったから きょうはいつもより 長くーね」

 ドナドナドーナー ドォーナー である。食育である。京丹後である。亡国である。

 
 私は、明後日28日にアグリセンターで行われる京都府丹後広域振興局が行う「食の安心・安全セミナー」に我が家の子ども達を連れて行く決意をさらに固くした。

 今朝、マッ■でアイスコーヒーを飲みながら私が考えたことである。

 ベストセラー「食品の裏側」の著者、安部司さんを
講師に迎え、「食品添加物の正しい理解」をテーマに、
次のとおり「食の安心・安全セミナー」を開催します。
 安部さんの著書「食品の裏側」は、2005年の発売
以来55万部を突破するベストセラーとなり、マスコ
ミでも多く取り上げられています。
 食品添加物の実情を理解し、添加物とどのように付
き合うか、判断基準を学ぶ良い機会になりますので、
この機会にぜひ、ご参加ください。

◎日  時 8月28日(火) 19:00〜(開場18:30)
◎場  所 アグリセンター大宮(大宮町口大野)
◎テーマ 「食品添加物の正しい理解」(仮題)
◎講  師 「食品の裏側」著者・ジャーナリスト
                 安部 司さん

作成日: 2007/08/26


2007年8月24日(金曜日)

緊急告知「食の安心・安全セミナー」

カテゴリー: - 早川まさてる @ 09時38分57秒

緊急告知「食の安心・安全セミナー」

 以前のリポートで下記の講演会について書いた。必見の講演会だと思う。ありがたいことに府が同じ講演会を8月28日に予定している。が、ほとんど知られていないようだ。京丹後市のお知らせ版にのっていたが、市のHPにも府のHPにも情報がなく、もったいない。

 お母さん方はもちろん、子ども達にも知っておいて欲しいと思う。夏休みの最後、親子でどうだろうか。医療も大切である。が、病気にならない基本は食にある。

「食品の裏側」講演会

 夜10時前帰宅。夕食を食べて、即、息子とカンナの刃を研ぐ。かつお節を削るためである。

 今日の夜、大宮アグリセンターで開催された食育講演会に行ってきた。「食品の裏側」 ー知っていますか?食品製造の舞台裏。安さ、便利さ、美しさがそれほど必要ですか?ー である。この講演会は、職員で作る食育プロジェクトチームの企画として開催されたのだが、アグリセンターが立ち見山盛り状態で、内容も素晴らしいものだった。

 (ちなみに、今日は一般質問初日だったが、こちらも負けず劣らず聞く価値十分であったと思う。別にお愛想ではない。正に「京丹後市の裏側」を如実に見せてくれるものであったからである。)

 講師の安部司氏は舞台の上で食品添加物を調整し、ジュースから豚骨ラーメンのスープなどなど、即興で作ってしまわれる。巧みな話術に笑っていた顔がだんだん引きつってくる。食品の裏側がとんでもない状況になっていることがひしひしと伝わってきた。この講演会を、全市民、お母さん達、子供達に聞かせてやりたいと本気で思った。今後、食育プロジェクトのメンバーがこの成果を学校給食、保育所の給食などに如何につなげてゆくか、農業とも如何につなげてゆくかが楽しみである。応援したい。

 で、帰ってすぐ、次男にうんちくをたれながら、刃のなまりつつあった、かつお節削り用カンナをあわてて研いだ次第である。(経緯はこちら


 

きょうたんご おしらせ版 平成19年8月10日発行

ご案内【京都府丹後広域振興局農林商工部.62-4315】

 ベストセラー「食品の裏側」の著者、安部司さんを
講師に迎え、「食品添加物の正しい理解」をテーマに、
次のとおり「食の安心・安全セミナー」を開催します。
 安部さんの著書「食品の裏側」は、2005年の発売
以来55万部を突破するベストセラーとなり、マスコ
ミでも多く取り上げられています。
 食品添加物の実情を理解し、添加物とどのように付
き合うか、判断基準を学ぶ良い機会になりますので、
この機会にぜひ、ご参加ください。
◎日  時 8月28日(火) 19:00〜(開場18:30)
◎場  所 アグリセンター大宮(大宮町口大野)
◎テーマ 「食品添加物の正しい理解」(仮題)
◎講  師 「食品の裏側」著者・ジャーナリスト
                 安部 司さん
◎内  容 食品添加物の元トップセールスマンだっ
た安部司さんに、自らの現場体験をもと
に、食品製造の舞台裏で使用されている
食品添加物について、実演を交えながら
ご講演いただきます。
◎定  員 300人(申し込み先着順)
◎参加費 無料
◎主  催 京都府丹後広域振興局
◎申し込み 8月24日(金)までに電話で、丹後広域
振興局農林商工部企画調整室計画推進
担当(.62-4315)へお申し込みくださ
い。(受付時間 平日の9:00〜17:00)
      ※定員に満たない場合は、当日参加も可能です。

作成日: 2007/08/24


14 queries. 0.332 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

携帯サイト
携帯で最近の早川リポートや掲示板にアクセス!


お知り合いにぜひネットワークを広げて下さい。
知人に教える
Google
検索
amazonリンク
早川まさてると丹後の未来を語る会
〒629-3104京都府京丹後市網野町浅茂川1808 TEL:0772-79-2020 FAX:0772-79-2021
Powered by (有)創造工房 © 2001-2008