メインメニュー
早川リポート 最近の投稿

 rss
 rdf
 rss2
月別早川リポート
ページカウンタ
Copyright
早川まさてると丹後の未来を語る会
Tel:0772-79-2020
Powered by
(有)創造工房
HAYAKAWA
 Masateru
© 2001-2008
印刷物等への無断引用はお断りします。

2005年2月26日(土曜日)

韓国視察団とテレビ会議

カテゴリー:
    - 早川まさてる @ 11時57分12秒

     2月25日、26日、27日に議員有志6名と企画政策部長(私的参加)が、韓国の無線LANを視察するために釜山を訪問しています。1月26日に市役所で行われたミリ波帯域の無線LANのデモンストレーションを受け、京丹後市のブロードバンド・CATV施策への可能性を調べることが目的です。

     私も是非参加したかったのですが、あいにく明日27日に北小学校のPTA総会を控え、会長がいないわけにもゆかず、不参加となった次第です。

     しかし、ITに関わるものとして、指をくわえているのも情けないと言うことで、25日は議会事務局と慶星大学、情報システム課を結んでテレビ会議(日本側は10名ほどの議員と議会事務局、情報システム課が参加)、26日はミリ波無線LANの開発会社であるNDR社と情報システム課、早川自宅をテレビ会議で結び、韓国視察に参加?しました。

     参加議員から、詳しい報告はあると思いますが、一定の可能性を参加議員達は感じていたように思えます。住民が求めるもの、コスト、将来性、新しいことにチャレンジするエネルギーなどを勘案し、検討を深めてゆきたいと思います。

    京丹後市議会事務局から、テレビ会議に参加

    早川自宅からテレビ会議に参加

    一連の写真は、<こちら>をクリックして下さい。


    2005年2月20日(日曜日)

    丹後の冬景色でジグゾーパズル

    カテゴリー:
      - 早川まさてる @ 14時05分00秒

       いつも堅いネタなので、柔らかネタを一つ・・・。

       ネットを見ていたらおもしろい仕組みを見つけました。自分の写真でジグゾーパズルを作り、公開できるのです。なんとまあ、色々考えるやつがいるものだと思います。無料でできるのですから驚きです。

       2月3日に三津の海岸から取った日本海です。遊んでみて下さい。(くれぐれもお仕事中はご遠慮下さい。こんなのができるんだという参考程度に・・・。やるのはゆっくりご自宅でどうぞ!)

      http://www.tango-hayakawa.net/modules/tinycontent/index.php?id=5

       なお、ご自分で作りたい方は、こちらをご覧下さい。ユーザー登録は必要ですが、作るのは簡単ですよ。
                http://jigzone.com/


      2005年2月15日(火曜日)

      1月16日質問に対する生活環境部からの回答

      カテゴリー:
        - 早川まさてる @ 09時13分24秒

         1月26日に行った汲み取りに関する生活環境部に対する質問の回答が2月14日に返ってきました。ご覧下さい。

         26日に行った質問内容を皆さんお忘れだと思いますので、下記リンクからご覧になった上でお読み頂けたらわかりやすいかと思います。回答に対するコメントは後ほど行います。

                  1月26日の早川質問内容

         なお、「一度現場でお話を聞いて頂ければ」というお誘いを頂いておりますので、後日直接お話をしてこようと思います。

        ——————2月14日に頂いた回答——————–
        3センターの意見調整の結果を回答いたします。よろしくご理解ください。
        なお、現在のシステムについて具体的な説明も必要かと思いますので、一度現場でお話が聞いていただければと考えております。
        よろしくご配慮ください。

                     し尿汲取りの申込等について 

        ゝ蘯茲蟷期について
        収集申し込みは、はがきを基本にして、ファックスやホームページ、緊急的に止むを得ない場合は電話による申し込みにも対応しています。繁忙期や冬季の積雪時など特別な場合を除いて、通常2〜3日以内には収集に回っています。申込を受けた後に収集日等を通知することは、申込件数の状況や地域割りをして効率的な収集計画を立てた上で前述の期間内で収集している実態から判断すると極めて困難なことです。いつ来てくれるのか不便に感じておられることは理解できますが、こうした事情から短期日に回ることで理解願い、収集に関しての苦情は殆ど聞いていません。なお、ハガキ等を出す手間やこの不便さを解消する方法として、希望者には予め収集期日を登録していただき、期日がきたら収集に回る計画収集の方法を現在検討しています。

        ◆崚渡辰任寮睫世罵解願える範囲のこと」について。
         「いつ汲取りにきてくれるのか」という電話で問い合わせについて、収集事情等を電話で説明すれば理解いただけるものという意味です。

        7弉莠集について
         現在検討している計画収集は、近隣市のように収集日と地区を決めて回るものではなく、希望者を登録しておき、登録データに基づき収集時期がきたら収集に回る方法です。市民にとってはハガキや電話の必要がなくなり、又業者等にとっても予め収集計画が組めることから、双方に利便性が高く、効率的な収集業務ができるものと考えます。改善案として、現在各地域振興協議会や収集業者の方等から意見を伺い検討しているところです。本格実施となれば、収集業務や内部事務について現場での十分な詰めを行い、広報を通じて広く登録申込を呼びかけることとしています。

        ね縦蠧を知らせることついて
        予定日等をお知らせする場合は、業者に収集計画を出してもらい、再度申込者に連絡さ
        せていただくこととなります。大変な手間がかかる上、連絡しても実際の収集は変動しますので、予定日等をお知らせすることは極めて困難なことと考えます。

        ゼ付業務のシステム改善について
         希望者の登録による計画収集を検討しております。
        なお、各衛生センターの受付、収納業務は市のシステムから独立した単独のシステムで行なわれていることを申し添えます。
        ——————————-


        2005年2月9日(水曜日)

        政情不安が続くカトマンズから – IT革命と雪中行軍 –

        カテゴリー:
          - 早川まさてる @ 10時15分10秒

           先ほどのリポートを書いている最中、スカイプというインターネット上の電話ソフトが起動し、友人がインターネットに接続したことを知らせてきました。その友人は大学時代からの腐れ縁の親友で、財団法人日本農業研修場協力団 http://www.jaiti.org というネパール等での援助活動を行っている団体の事務局長をしています。先日まで中国チベットのラサに滞在していたのですが、ネパールの農場がマオイストに爆破され、現地事務所とも連絡不通という事態の中で、真冬のヒマラヤを越えてカトマンズに向かっていました。(まったく無茶苦茶するものだと思います。道路が不通で国境まで30キロほど雪中行軍したそうです。)

           早速スカイプで呼び出し、チャットで状況を確認しました。(マイクとイヤホンを忘れていったそうで、音声では話せませんでした。)なんとも不思議というか、インターネットという基盤を共有することのすごさを感じます。ネパールでネットに接続したことが瞬時にわかり、ライブで現地とコミュニケーション出来てしまう。すごい事だと思いませんか。

           ネパールには3度ほど行ったことがあります。大好きな国の一つです。少しでも早く政情が安定することを願っています。友人とそのプロジェクトの無事も祈りつつ・・・。

           彼には、私のHPと同じシステムを使ってもらっており、現地の写真等もあがり始めています。ネパールの状況等、興味のある方はご覧下さい。

          ラサとカトマンズへの雪中行軍写真スライド
          http://www.jaiti.org/modules/xoopsgallery/slideshow.php?set_albumName=album03

          財団法人日本農業研修場協力団
          http://www.jaiti.org

          ライブドア スカイプ
          http://skype.livedoor.com/


          市内の交通安全提案

          カテゴリー:
            - 早川まさてる @ 09時29分55秒

             昨日8日は、市民の方から受けた市内交差点の交通安全についての提案を警察に伝えました。

            1)網野町網野 国道178号線の魚政さま角の交差点
            引用:

            北西からの進入道路が狭く、進入路の停止線に車が止まっていると、国道を南西から入って左折する際に曲がることが困難であり、角の電柱には車が擦れた跡が大量に残っている。停止線を少し下げるだけで安全性が向上するのではないか。
            http://www.mapion.co.jp/c/here?S=all&F=mapi3109072050209084234

            2)網野町網野 国道178号線の山本医院さまそばの交差点
            引用:

            国道178号を間人側から来る他の地区からの車が、もう一つ先の交差点の青信号を手前の信号と誤認して赤信号につっこみ、死亡事故などにつながる大きな事故が頻発している。(と聞いていますが、事実確認はしていません。)先の信号と手前の信号を同期させるだけで、信号を誤認しても重大事故にはつながらないように出来るのではないか。
            http://www.mapion.co.jp/c/here?S=all&F=mapi2326444050209090153

             いずれも合理的な改善策であり、出来るだけ安全な交通環境を作るためにも改善して欲しいと考えます。網野警察署に伝えましたので、何らかの動きがあるかどうか、見守りたいと思います。


            2005年2月5日(土曜日)

            第一回地域情報化計画市民会議

            カテゴリー:
              - 早川まさてる @ 19時18分28秒

               今日は、第一回地域情報化市民会議に参加してきました。
               この会議は、平成16年9月議会における早川の一般質問を契機に開催されたものです。  →議事録

               部長から、「都市とネット環境の整わないところの格差が拡大しており、年間一世帯あたり125万円の差があるという話がある。全市では240億円になる。全市にブロードバンド環境を整えることが必要。進めるに当たっては1)公平性 2)経済性 の2つの条件がある。色々なブロードバンドのやり方がある。皆さんと一緒に考え、創り上げてゆきたい。」というあいさつがありました。家庭まで光ファイバーを敷設するという方針しか出てこなかった頃から見ると隔世の感がありますが、納得できるスタンスだと思います。

               会議の内容も、基本的な線は押さえてあり、今後一ヶ月に一回程度会議がもたれるようですが、その中で具体的なラインをどう詰めるかが問われます。残念ながら、財政的には非常に、非常に厳しい中、どのような形で現実化するか、悩み多い選択が続くと思います。

               
               その後、緊急の新政会の会合がもたれました。もうすぐ提示される平成17年度の予算組についてです。まだ書くことは出来ませんが、予想通りの、予想を超えての厳しさとなりそうです。

               さて、明日は但馬夢会議での報告です。どうまとめるか、これからもう一押しです。


              2005年2月4日(金曜日)

              甲梨峠の交通情報を京丹後市HPで如何に伝えるか その3

              カテゴリー:
                - 早川まさてる @ 13時07分42秒

                 まさかこのシリーズが3回続くとは思っていませんでした。甲梨峠続報です。なんと、追加で2カ所、のり面崩落と雪崩が発生して全面通行止めになっています。

                http://www.city.kyotango.kyoto.jp/portaltop/main/ooyuki03.html

                 全面通行止 久美浜町 市道 蒲井旭線 蒲井〜旭 「風欄の館」先で法面崩落

                 全面通行止 丹後町 市道 徳光西小田線 徳光〜西小田 徳光と西小田間の峠で、雪崩発生

                 2/4の1時現在、上記のような形で文字情報としては表示されていますが、道路の図は表示されていません。商工観光水産部長からは、「苦戦して作成中」との連絡を昨日受けていたので疑問に思い、部に行って状況を確認したところ、以下のようなことがわかりました。

                 「広報する担当を企画制作部企画推進課に一本化し、そこからHPに道路情報は発信する。地図を表示することは観光立市の観点からも当然であり、地図は作製して渡してある。」と課長に説明を受けました。

                 1時に企画推進課長に電話で連絡を取ったところ、「地図を載せる話は聞いていない。すぐ対処する」との事でありました。

                 なんと表現してよいのかわからないのですが、一体どういう合意がなされ、どういう情報伝達がなされ、誰が責任を持っているのか不思議に思います。この一件の中に、非常に多くの課題が内包されていることは間違いないと思います。

                 2/2の大雪で大渋滞になり、観光に来られたお客さん達には大変な迷惑をかけてしまいました。そして、不可抗力とはいえ、甲梨峠の全面通行止めで観光客・住民の皆さんにとっては不便を強いています。それを少しでも軽減できるように、丹後に来る観光客の皆さんに道をわかりやすく伝えることは、どう見てもすぐに取り組むべき課題のように思えます。

                 何故情報がきちんと伝わっていないのか、なぜ自分の手を離れたら、そのことがきちんとなされていないことにチェックが入らないのか。非常に不思議な気がしてなりません。

                 他にも色々気がついてきた事があるのですが、この辺にとどめたいと思います。

                引用:

                市民起点の市役所をつくるため

                    私たちは、三つのSに取り組みます。

                S「信頼」   より信頼される市役所をつくります!

                S「親切」   より親切な市役所をつくります!

                S「スピード」 よりすばやい市役所をつくります!


                2005年2月3日(木曜日)

                甲梨峠の交通情報を京丹後市HPで如何に伝えるか その2

                カテゴリー:
                  - 早川まさてる @ 21時12分13秒

                   情報システム課から回答を頂きました。21時発です。夜遅くまでがんばっておられ、よけいな仕事を増やしてしまったと若干反省しています。出かける前に短時間で対処したため、自分で他のデータをきちんと確認していなかった面がありました。申し訳ない。

                   また、商工観光水産部からは、「苦戦して作成中」との連絡を頂きました。

                  引用:

                  ご質問いただきました件について回答させていただきます。

                  お問合せいただいた画像の添付につきましては、本市のホームページ上でも貼り付けることは可能です。
                  今までにもお知らせなどで、画像をを貼り付けているものも多くあります。

                  迂回路について、地図で添付したほうが確かにわかりやすく効果があると思います。
                  その旨、担当課へ連絡して調整しています。

                  なお、大雪関係の交通機関・道路情報は昨日2月2日の午前中からトップページの現在の位置へ表示しておりました。
                  しかし、国道178号線の通行止めについて、より強調して明示しておこうということで、今朝ほどから1行書き加えております。


                  甲梨峠の交通情報を京丹後市HPで如何に伝えるか

                  カテゴリー:
                    - 早川まさてる @ 13時11分07秒

                     ようやく寒波も収まり、ほっとしています。
                     さて、甲梨峠の交通情報を如何に市のHPに掲示するかについて、若干気がついたことを商工観光課に提案させて頂きました。素早く対応して頂いていますが、ちょっと気がついたことなどあり、やりとりを進めています。下記に状況を添付しておきます。

                    引用:

                    早川です。ご苦労様です。

                    ▼国道178号線通行止のお知らせ
                    http://www.city.kyotango.kyoto.jp/tango/appmanager/kyotango/citizen?_nfpb=true&news_1_actionOverride=/portlets/home/news/news003&
                    news_1news_content_id=318001&_pageLabel=homePage

                    についてですが、素早く情報を載せておられてよかったと思います。
                    1,2点、気がついたことがあるので、ご連絡させて頂きます。

                    1)トップページでの表記が下の方にあり、気がつきにくい。災害情報でもあり、
                    市民も気にしている情報なので、一番上の方に目立つ形でリンク情報を張ってお
                    く方がよいのではないか。
                    2)「城崎まわりの府道香住久美浜線」というものが、知っていればわかるが、
                    知らないと大変な手間をかけて調べなければならない。簡単なものでも地図に示
                    したものを貼り付けておいた方がよいのではないか。

                    なお、建設部で昨晩、バイパスルートについての検討をされておられました。ルー
                    トについての注意事項もあるかと思いますので、それも併せてお伝えできるとな
                    およいかと思います。

                    以上、よろしくご検討お願い致します。

                     その後、部長から返信があり、時間はわかりませんが、きちんとトップページにリンクが張ってあり、別途文書で道路状況、KTR状況、丹海バス、市営バスの状況もアップしてあります。23号の経験が活かされているのかと思います。

                     ただ、迂回ルートの画像は実現しておらず、気になることがあったので、下記内容で問い合わせを情報システム課にかけさせてもらいました。

                    引用:

                    ご苦労様です。

                    一点質問させて頂きます。

                    朝方に商工観光課に提案させて頂いた件ですが、トップページにリンクを張って頂き、よかったと思います。

                    その中の提案で、地図の画像を貼り付けて見せないと、迂回路が理解できない可能性があり、画像も添付してはどうかという提案をさせて頂きました。

                    現状で対処されていないところを見ると、京丹後市のシステムとして、ひょっとしてもしかすると画像を文書に貼り付けることが出来ないのかもしれないと思い、情報システム課にメールさせて頂きました。

                    上記のようなことは難しい状況ですか?

                    http://www.city.kyotango.kyoto.jp/portaltop/main/
                    ooyuki02.html
                    府道町分久美浜線(久美浜町布袋野から豊岡市奥野ルート)という表現では、私でもよくわからないのが実情です。京都府の積雪情報のサイトの地図でも、道は存在していないようです。
                    http://dobokubousai.pref.kyoto.jp/douro/yukimichi/i/
                    SRI_Main_Internet_Frm01.aspx?Url=SRI_I002_Frm00.aspx&RegionID=8


                    2005年2月2日(水曜日)

                    大雪で峰山-網野間が大渋滞(2/2)

                    カテゴリー:
                      - 早川まさてる @ 23時15分18秒

                       夜8時頃、観光関連の方から電話がかかってきて、大急ぎで現地に行ってきました。5時半頃から郷近辺でバスのすれ違いが出来ずに脱輪。大渋滞になっていたようです。(時間に関しては若干不確実です。)

                       網野駅近くの農協ガソリンスタンド前の交差点で交通が止められ、警察と京丹後市の職員の方達が雪の中、交通誘導を行っておられました。島津または弥栄経由で峰山には何とかルートがあったようですが、途中までの方達はその場でひたすら待っておられました。カニを食べにきて下さった観光客の方々は、本当に大変な想いをされたと思います。旅館の方が迎えに行き、バスから降りてもらって途中まで歩いてきて頂くなど、出来る限りの対処をされておられました。
                       結局8時40分頃、渋滞が解消し、交通規制が解かれました。

                       建設部では、部長以下皆さんが残っておられ、甲梨峠の全面交通止めにどう対処するかの検討・連絡とともに奔走しておられました。本当にご苦労さまでした。また、市民局からの2人の応援と共に現地に派遣された方々も、雪の中、大変だったと思います。

                       さて、峰山から網野に来る要の幹線がこのようになったことは初めてではありません。「大雪はわかっていたことで何とかならなかったのか、観光立市を歌いながらこれでは・・・」という市民の声も当然ではあります。しかし、今回、建設部で話を聞く中で、「国・府道は府の土木局が管理していて、除雪も府が行う」という基本的事実を恥ずかしながらきちんと認識していなかったことを教えられました。市の中の除雪は市が行っているという思い込みが入ってしまっていました。市だけではなく、府も連携して除雪を行い、場合によっては警察も含めた対応の中で交通規制を考える必要があるようです。

                       建設部を出た後、9時30分頃、峰山に向かって走り、道の状況を確認しました。昨日からの除雪が両脇に重なり、道が狭くなっています。特に生野内から赤坂にかけて、道そのものに雪がかなりの量が残っており、石丸の踏切あたりではバスが通ると普通車でもすれ違いが出来ない状況でした。堅い轍がかなりの高さになっており、4WDで走っても轍が高すぎて避けるために左に寄るのも危ないぐらいです。

                       この状況はきちんと府に伝えたいと思います。今回の状況はかなりの課題を残したと考えます。府の積極的な除雪への取組がなければ、この路線の安定した除雪は望めません。市が中核的役割を果たすことは間違いない(市民の声が直接届く)でしょうが、府と市、そして警察が連携しながら、安全な道路環境を確保してくれることを期待したいと思います。
                      (遠くの宮津土木局から考えるよりも、ひょっとすると冬季の除雪のみに関しては、府から市が除雪業務の委託を受け、市道の除雪と共に管理する方が合理的かもしれません。もちろん、きちんと委託費+αを頂いての話ですが。)

                       いずれにしても、観光業の方、観光客の方、市民の方、そして、職員の方々、ご苦労様でした。市長も今回の渋滞で3時間閉じこめられたと聞いています。自らの体験を活かして、対応策を立てられることを期待したいと思います。

                       それにしても、甲梨峠の陥没、浅茂川での火事、雪の大渋滞、大変なことが重なった一日でした。


                      網野町浅茂川の火事

                      カテゴリー:
                        - 早川まさてる @ 18時08分36秒

                         今日2月2日、大雪警報の中、地元浅茂川で火事が発生しました。けが人がお一人、棟続きの別世帯2件が全焼、延焼1件という大きな被害となりました。

                         不幸中の幸いは、夜ではなく昼であったこと、風がなかったこと、配達中の方が火事を発見して下さったことです。浅茂川では最近大きい火事が連続しています。風が吹くなど悪条件が加わると、延焼をとどめることは非常に難しい状況です。かつて網野町時代に、消防用の水に消化剤と高温で固まる高分子吸収剤を混ぜて初期消火の効果を高める提案をさせて頂きました。防火用水の確保も時間とお金がかかり、すぐには用意できないのが実体です。すぐにでも出来る方法を工夫し、積み重ねる必要があります。

                         また、今回、風向きが悪かったためもありますが、火災発生のサイレン・放送が地元では聞き取れなかったと聞いています。地元の方がサイレンが聞こえないため、お寺の鐘を連打して伝えられました。臨機応変なその対応に敬意を表します。(今のサイレンは、以前にも増して聞き取りにくいと言われています。以前のものでも、風向きによっては聞こえないケースもあったようです。)

                         今後に向けて、以前のサイレンを火事の場合には併用する、消防関係者だけでなく、一般対象にも携帯メールで災害・火災情報を配信するなど、すぐ出来る対策を講じる必要があります。こちらも併せて提案してゆきたいと考えています。

                         久美浜と豊岡をつなぐ甲梨峠では、昨年の台風23号で崩れて片側通行になっていた少し久美浜よりで、30メートルにわたって道路が陥没し、全面通行止になっています。事故にならなかったのが不幸中の幸いですが、昨日は網野北小学校、島津小学校、網野高校など多くの学校がアップ神鍋スキー場でスキー講習を行っており、ひやっとしました。

                         不可抗力の事故・事件も含めて多発している昨今、一人一人の場面に応じた判断力・行動力が一層求められていると感じます。


                        福田川ダムについての情報HP掲載についてのお詫び

                        カテゴリー:
                          - 早川まさてる @ 09時09分05秒

                           1/31にアップさせて頂いた「早川リポート」において、掲載時期が不適当な部分があり、関係各位にご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

                           具体的には、31日の全員協議会に於いて、市長から議員に対して説明があり、その直後から地元区への説明があり、その後に3日に京都府から正式発表が行われると言うことでしたが、私が3日の正式発表前に全員協議会の内容をHP上でリポートしてしまったというものです。

                           重ねて、関係各位にご迷惑をおかけした事をお詫びし、また、ご配慮を頂いたことを感謝致します。


                          56 queries. 0.377 sec.
                          Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

                          携帯サイト
                          携帯で最近の早川リポートや掲示板にアクセス!


                          お知り合いにぜひネットワークを広げて下さい。
                          知人に教える
                          Google
                          検索
                          amazonリンク
                          早川まさてると丹後の未来を語る会
                          〒629-3104京都府京丹後市網野町浅茂川1808 TEL:0772-79-2020 FAX:0772-79-2021
                          Powered by (有)創造工房 © 2001-2008