メインメニュー
早川リポート 最近の投稿

 rss
 rdf
 rss2
月別早川リポート
ページカウンタ
Copyright
早川まさてると丹後の未来を語る会
Tel:0772-79-2020
Powered by
(有)創造工房
HAYAKAWA
 Masateru
© 2001-2008
印刷物等への無断引用はお断りします。

2005年4月29日(金曜日)

議会一般質問録画がHPで!

カテゴリー:
    - 早川まさてる @ 12時40分50秒

     昨日の幹事会で、3月議会の一般質問録画が京丹後市のHPで公開されることが確認されました!

     できるだけ市民の皆さんに議会の様子を見て頂きたい、しかし、旧町時代に比べて議場に来て下さるのは大変であり、仕事をお持ちの方は難しい状況にありました。6月議会からは、ネット上でのリアルタイム放映も始まるはずです。一番臨場感を感じて頂けるのはやはり議場ですが、夜でも、後からでも、一部分でも、議会の様子を見て頂けたら、いろんな事を感じて頂けると思います。

     開始予定は5月9日です。公開されましたら、改めてご連絡します。


    2005年4月27日(水曜日)

    京丹後市の財政見込み資料

    カテゴリー:
      - 早川まさてる @ 09時16分10秒

       色々と動き、考える中で、HP更新をさぼってしまっています。なかなか表現が難しい問題が連続して起きており、書き続ける流れを途絶えさせると、なかなか書き始めるのが・・・・。

       さて、一昨日、財政資料とにらめっこしながら、これからの京丹後市を取り巻く財政の資料を作りました。この一枚を理解して頂けたら、如何に厳しい状況であるか、何故、急いで行財政改革をしなければならないかを把握して頂けると思います。

       解説を付けたものを近々折込チラシで配布させて頂く予定ですが、取り急ぎ、こちらで公開させて頂きます。

      引用:


      2005年4月1日(金曜日)

      4月!心機一転がんばります!

      カテゴリー:
        - 早川まさてる @ 09時36分49秒

         気が付いたら、4月! 更新をずいぶんさぼってしまいました。申し訳ない。

         3月議会は29日に終了しましたが、非常に課題の多い内容でした。近々通信を発行する予定でおり、内容を検討しつつあるのですが、厳しくても市民の皆様にお伝えしておくべき内容が多々あります。またまた、字の細かい通信になってしまいそうです。

         一般質問の概要ですが、市長とのやりとり部分の一部をご覧下さい。詳細はテープ起こしが終わり次第、アップします。

        引用:

         合併して牛の大きさから象の大きさになった。骨格も旧町のままではおれてしまう。情報を運ぶ神経、動脈も細いままで、体の大きさに見合った改革が遅れている。
         平成17年度予算は6町合併の水ぶくれ体質を体質を変えないままでサウナに入れて少し水を抜いたようなもの。水ぶくれ体質は変わっておらず、また、体質を改善する切り口が見えていない。16年度災害をきっかけに不執行とした一般財源を17年度にほとんど投入して使い切った形となっている。18年度は2段階の階段を一気に駆け下りる必要がある。これは抜本的な組織改革、即ち体質改善なしには不可能と思われる

        問 本庁機能の分散と中途半端な市民局が非効率を産んでいないか?

        答 いろいろ指摘があることは受け止めていかねばならない。非効率という面はある。非効率があってもよりよくする方策を考えてゆかねばならないと思っている。

        問 では、どうやって効率を上げるのか。市民局のスリム化と充実は矛盾しているのではないか。

        答 ITの有効な利用や組織の見直しをして、日常連携するべき部署をまとめるような組織再編などが必要。職員の体制を充実させながら、職務の改善・財政面の付加などで充実できるのではないか。職員と市民が一緒になって活発な意見交換が進むことでも市民局の活性化ができるのではないか。

        問 市民局内の課題が深く大きくなっているのではないか?

        答 いろんな課題があると思う。局・課にもよるが仕事の粗密がある。本庁と市民局が連携しないといけないが十分連携できていないという話も聞く。

        問 台風23号がなかったら、市民局の仕事はもっと少なかった可能性もある。市民局の若手の元気がないのではないか。

        答 本庁・市民局共に優秀な職員がいる。活躍できる場があるケースとないケースがあるので、環境を整備したい。

        問 本庁と市民局の指揮・命令系統がはっきりしていないために、混乱と非効率、やらない言い訳ができているのではないか

        答 指揮・命令系統はあるが、それが有効に活用されていないために、摩擦空回りが起きている。

        問 譲り合い?押し付け合い?市としての一体感ある動きができていないのでは。

        答 趣旨はよくわかる。6つの所帯が一つになっているのだからまだまだ一体感を高める余地があり、現状でいいとは思っていない。

        問 情報・提案などが縦・横共にスムーズに共有されていないのではないか?

        答 理事者との関係では確かにそうだなと感じている。市民局を回って話を聞いたが重要な話が多く、日々の課題が十分しかるべき所に伝わる仕組み作りが重要だ。

        問 市民局の課長クラスでも市長と直接話したことはほとんどないと聞く。上司を抜いて市長に直メールを打つことも組織上難しい。職員ポータルサイトの市長メッセージが使われているのを見たことがない。

        答 率直に反省しないといけない。風通しの良い仕組みを作る必要がある。直メールはいくつかは頂いていて、きちんと対処出来たものもある。同じ職場の仲間として一緒にやれる風土を作りたい。

         


        21 queries. 0.382 sec.
        Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

        携帯サイト
        携帯で最近の早川リポートや掲示板にアクセス!


        お知り合いにぜひネットワークを広げて下さい。
        知人に教える
        Google
        検索
        amazonリンク
        早川まさてると丹後の未来を語る会
        〒629-3104京都府京丹後市網野町浅茂川1808 TEL:0772-79-2020 FAX:0772-79-2021
        Powered by (有)創造工房 © 2001-2008