メインメニュー
早川リポート 最近の投稿

 rss
 rdf
 rss2
月別早川リポート
ページカウンタ
Copyright
早川まさてると丹後の未来を語る会
Tel:0772-79-2020
Powered by
(有)創造工房
HAYAKAWA
 Masateru
© 2001-2008
印刷物等への無断引用はお断りします。

2009年3月19日(木曜日)

米百俵 か 貧すれば鈍する か

カテゴリー: - 早川まさてる @ 01時34分39秒

米百俵 か 貧すれば鈍する か

 日経平均が怖い状況になっています。公的資金で必死で支えているという情報をネットではよく見ますが、公的資金=年金基金がどうなっているのか、きちんとした報道がないのはどのように解釈すべきなのでしょうか。マスコミに教えていただいて、あさっての方向に誘導されているのも困るのですが、情報を与えないということは、非常に強力な洗脳の一手法でもあることは「知識のワクチン」として知っておいて損はないでしょう。

 今回の経済変動が並の規模ではないことは、今ではどんな評論家でも否定しておられないようです。ということは、今までの延長の社会システムでは対応できない時期が何年間か続き、その後も今までと同じ状況に戻るわけではないと考えておくべきでしょう。

 今こそ、自分自身、家族、地域、市、国の将来を見据えて、何をすべきかが問われているのだと思います。無駄な玉を打つ(何もしないも含む)のか、苦しくても米百俵の精神を発揮するのか、厳しい状況の中では一見あまり具体的な成果としての差がないように思えても、将来の姿は全く違ったものになると私は見ています。

 さて、久美浜に場外競艇券売り場の建設が検討されているようです。

 松本経一議員のHPに議員が報告された情報では、
http://www2.ezbbs.net/cgi/bbs?id=matukei&dd=33&p=2
————————————————————

     市に入る予定のお金
       売上の1%     = 1800万円
       固定資産税     =  200万円
       職員にかかる市民税 = ?
     間接的に地元に入るお金
       職員人件費26人分 = 約6000万円

類似施設の状況を聞くと、一人当たりの船券購入見込み金額は1万5000円程度と見られ、パチンコよりもずいぶん少ない、という声も聞きました。
————————————————————
とのことです。
逆算すると、売上が約18億円ということになります。

 市民の仕事を作り出したいという想いはよく分かります。26人の雇用が生み出せると言うことは魅力的ではあります。(まさか市税2000万円程度が欲しくて考えているわけではないでしょう。)

 私がとても気になるのは、18億円ものお金が競艇券に使われると言うことの意味です。実は、私はやったことがないのでよく分からないのですが、当たれば配当金があるのですから18億円が市民の家計からそのまま消えてしまうわけではないのでしょう。パチンコは、噂で聞くところでは確率が制御できてきっちり計算が出来るそうですが、まあよくわかりませんが例えば2/3が外れだとすると12億円が市民の家計から消失することになります。

 兵庫県との境界ですから、全部が京丹後市民ではないでしょう。また、逆算すると12万人/年程度の来場者を見込んでいるようですから、地元への経済効果(といっても、多くが豊岡側に流れそうな気はします。)もあるでしょう。

 また、学校の学費が払えない家庭が急激に増えていると聞きます。そもそも収入をきちんと確保するのも大変な努力がいる時代です。恐らく、真っ当に考えると賭け事をしていられる状況にはないにも関わらず、通ってこられる方もおられるのでしょう。

 私は、「米百俵か 貧すれば鈍するか」という選択肢であれば、米百俵を選びます。そして、これからの時代は、哲学を持って施策を貫徹する地域が延びると確信を持っています。はっきり言えば、久美浜に場外競艇券売り場を誘致?すべきではないと私は考えています。

 私の考え以外にも色々と見方はあると思います。3月議会に提案されるのかどうか、様子がよく分かりませんが、市長はもちろんのこと、議員1人1人の考え方を市民に提示され、京丹後市の進む方向性としてふさわしい選択がなされることを期待します。

 子供たちは、結構しっかり見抜いています。また、見抜けるような子供たちが、これからの地域や国を担ってゆくのです。

作成日: 2009/03/19


2009年3月13日(金曜日)

本当の幸せはね

カテゴリー: - 早川まさてる @ 00時21分20秒

本当の幸せはね

皆さん、お久し振りです。

先日、大阪で柔道整復師をしている弟と話をしていました。
「セアロって知ってる?」「なんじゃそれ?知らんわ。」「ミャンマーのお坊さん。写真みてごらん。わかるから。」

写真を見た。どっかのおっさんの写真を見て、顔がゆるんでにやけてくるなどという経験はあまり記憶にないのだが、一目見て顔がゆるんでくる。なるほどね。

本が2冊あった。一冊の裏表紙にあった文章が、いや、また・・・・・・。ご紹介しておきたい。

本当の幸せはね、自分にとって必要で、
君が豊かだと感じ、その感覚を味わっているだけで、
平安な状態にいられる・・・・、これが幸せだよ。
外から得られるもの、見せるためのもの、
それに伴う心地よい感覚が本当の幸せといえるのか?

あなたはどう感じられただろうか。あなたと話してみたい気もする。


13 queries. 0.357 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

携帯サイト
携帯で最近の早川リポートや掲示板にアクセス!


お知り合いにぜひネットワークを広げて下さい。
知人に教える
Google
検索
amazonリンク
早川まさてると丹後の未来を語る会
〒629-3104京都府京丹後市網野町浅茂川1808 TEL:0772-79-2020 FAX:0772-79-2021
Powered by (有)創造工房 © 2001-2008