メインメニュー
早川リポート 最近の投稿

 rss
 rdf
 rss2
月別早川リポート
ページカウンタ
Copyright
早川まさてると丹後の未来を語る会
Tel:0772-79-2020
Powered by
(有)創造工房
HAYAKAWA
 Masateru
© 2001-2008
印刷物等への無断引用はお断りします。

2007年7月5日(木曜日)

市長が委託先会社員を告訴

カテゴリー: - 早川まさてる @ 17時33分32秒

市長が委託先会社員を告訴

 今日の全員協議会の速報をアップする。

 正直、唖然とする状況にある。本質は、京丹後市の危機管理能力である。もちろん今回の告訴対象となった個人・行為については市民に対する背信行為であり、刑法に触れる(可能性が高い)行為である。論外だ。

 何故、こんな事があり得てしまったのか、そして、そのことを察知した段階から今まで、何故これだけの時間がかかり、これだけの内容でしかないのか、そのバックにある組織体制、危機管理能力、トップとしてのあり方、職員の士気。今日の市長の答弁の中にはその意識は私には感じられなかった。

 本質の話は、さておき、今日の内容を・・・。(私のメモと配布された唯一の資料の告発状から起こすので、完璧ではない可能性があります。そのような理解を持ってお読み下さい。)

 先ず、市が説明した内容の概略である。

 ・京丹後市長が、市がし尿収拾運搬業務を委託している○○株式会社の社員○○を詐欺罪に該当するとして、告発した。

 ・告発事実は、今年2月9日、実処理手数料5800円のところを13200円を請求し、不正にだまし取っていたことである。その際、バキューム車のVCメーター(電磁流量計)で印字される領収書で行うべきところを旧町時代に使っていた手書きの領収書を使用した。

・被告発人は、平成13年6月にVCメーターを搭載した当時から、峰山町安・西山・小西・菅・新治・二箇・久次・五箇・鱒留・長岡区の範囲において、不正を行っていた。(明確な証拠がある一件のみが告発されている。)

 次に、議員からの質問で明らかになったこと(のピックアップ)。

 ・被告発人は、委託先会社の社長実弟であり、当時取締役であった。

 ・市民から、料金が高いのではないかとの指摘があり、調査した。2月9日に告発事実の事例を確認して確証を得、3月下旬に市長に報告し、4月頭に警察と相談した。(今は7月である。突然の全協をしてまでの動きはそれまでののんびりとした動きとは気配が違いすぎ、理解できない。また、今まで何をしていたのか、何故すぐに対処しなかったのか、よくわからない。)

 ・2月28日に担当部長の要求に応じて、業者が顛末書を提出したが、内容が納得できるものではなかったので、市長には見せていなかった。(後ほど、後日見せたと修正。これがほんとでも嘘でも、組織の危機管理としては信じがたい状況にある。)

 ・顛末書では、5年間で不正の総額は102万4800円であったと報告があった。(市の見解ではない。)

 ・4月に警察と相談して以降、業者と直接のコンタクトはしていない。(・・・・・)

 ・対象となりうる世帯数は、1500世帯?

 ・顛末書に、「VCメーターは不具合が多く、何度も調整しているが、15〜30%VCメーターが多く出る傾向があり、その隙間が利用された」との記述があった。(場長より、タンクローリーについている目盛りを目視で調べたら、誤差は10%以内であったとの報告あり。私はあきれかえっている。その目盛りを見ても不正確だから、高いお金を払ってVCメーターを付けたはずである。それを外に付いた目盛りを目視で見て、電磁流量計の誤差を評価できると言うことになる。加えて、もし10%でも誤差があるなら、市民は市に過大な手数料を支払ってきたことになる。)

 ・料金は、条例では銀行引落かチケット手渡し、チケット郵送で支払うことになっているが、今回の事例は現金で支払っていることによって発生しており、現金での支払いは50%以上になっている。(驚くべき状況にある。)

 ・「2月に発覚して今の報告であるが、全協での資料が告発状のみでは少なすぎる。議員に対して、きちんとした資料提供や情報提供が出来ていないのではないか。何故、警察向けの告発状しか資料がないのか」との質問に、担当部長の答弁は「別段理由はない。」との事であった。(昨日起きた事件に対する全協ならあり得るが、理事者側からの最初の説明の内容、レベルも、現時点での全体像がわかる資料もないことも、私は信じがたいレベルだと思う。私以外の複数以上の人数の議員からも、議会軽視だとの声が上がっていた。)

 ・市長や組織の責任を問う質問に対しての市長の答弁は、市民に対するフォローと原因究明・再発防止を進めるということのみで、この事件が発生した本質や組織のあり方、危機管理の面についての発言はなかった。

 市民から手数料を不正にだまし取っていた行為は言うまでもない。が、市の組織力、危機管理能力、トップの危機対処能力をみごとに反映した事象である。市民の皆さん、職員の皆さんには、深いレベルから状況を読み取って欲しい。情報提供を期待します。

作成日: 2007/07/05


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.tango-hayakawa.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/155

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

13 queries. 0.186 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

携帯サイト
携帯で最近の早川リポートや掲示板にアクセス!


お知り合いにぜひネットワークを広げて下さい。
知人に教える
Google
検索
amazonリンク
早川まさてると丹後の未来を語る会
〒629-3104京都府京丹後市網野町浅茂川1808 TEL:0772-79-2020 FAX:0772-79-2021
Powered by (有)創造工房 © 2001-2008