メインメニュー
早川リポート 最近の投稿

 rss
 rdf
 rss2
月別早川リポート
ページカウンタ
Copyright
早川まさてると丹後の未来を語る会
Tel:0772-79-2020
Powered by
(有)創造工房
HAYAKAWA
 Masateru
© 2001-2008
印刷物等への無断引用はお断りします。

2007年7月28日(土曜日)

し尿料金支払い方法を変えても??

し尿料金支払い方法を変えても??

 2,3日前、新聞折込に「8月1日からし尿の汲み取り料金の支払い方法が変わります。」というチラシが入った。ご覧になった方も多いと思う。が、私はこれを見て、実に稚拙な対応であると感じた。制度を変えるときには、素早くするのは悪いことではないが、原因追及、これからの方向性をきちんと見極めて制度をいじらないと、事態がさらに悪化することすらあり得る。

 もちろん、このあわただしい動きは、市民からの指摘を受けて調査を開始し、2月9日に今回の告発の対象となった不正行為を確認し、2月28日に部長の指示で業者に出させた「顛末書」を部長が市長に見せずにお蔵入りさせ(と部長は全協で発言したが、私は信じていない。)3月末に報告を受けた市長が4月頭に市長の個人的弁護士でもある市の顧問弁護士(事務所?)と警察に相談し、何故か6月議会も挟んで3ヶ月のロスタイムを経て、コモンズという雑誌にこの問題が掲載されるという直前になって、警察への告発、全員協議会での議会への報告が行われた、<京丹後市長が、市がし尿収拾運搬業務を委託している業者の社員(当時取締役)を詐欺罪に該当するとして告発した>事象に対する対処である。

 先ずは、市の改善策を見ておく。

「し尿のくみ取り料金支払方法」変更などのお知らせ

掲載期間:    2007年7月27日    から    2007年8月26日    まで

     8月から、し尿処理券(チケット)の取り扱いを次のとおり変更しますので、ご理解とご協力をお願いします。

◎8月からの「し尿のくみ取り料金支払方法」
 ,み取りの収集員は、チケットの受け取りは行いません。
    (現金の受け取りも行いません)
      ↓
 △み取り終了後、収集員が「汲取作業報告書兼料金等お知らせ」・
  「封筒」(料金受取人払)・「お願い文書」をお渡しします。
      ↓
 「お願い文書」の内容により、料金分のチケットをご購入いただき、
  「封筒」にチケットを入れ、切手を貼らずにポストに投函してください。
      ↓
 じ綟、衛生センターから「汲取作業報告書兼料金等お知らせ(センター控え分)」
  に受領印を押して返送します。


〜計画収集と口座振替のご案内〜
■計画収集とは
 衛生センターで把握している各家庭や事業所のくみ取り周期により、定期的にくみ取りにお伺いするもので、
便槽のたまり具合の確認やくみ取りの申し込みの必要がありません。
 ※緊急の場合は、衛生センターへご連絡いただくことで、くみ取りにお伺いします。

◎計画収集の申込先
 市民局窓口または衛生センター

■口座振替もできます
 口座振替は、税金や水道料金などでも行われており、チケットの購入や送付といった手間がなくなります。

◎口座振替手続き
 市内金融機関で口座振替依頼書(金融機関および市民局窓口にあります)によりお手続きしてください。
 手続きには、金融機関の口座名、口座番号、金融機関への届出印が必要です。

 「計画収拾と口座振替への変更をお勧めする」ことは、よいと思う。市の側も汲み取り計画を平均して立てられるし、市民も料金の支払いの手間が楽になる。

 しかし、そもそもチケット制が何故採用されたのか、そしてその効果、問題点は何だったのかを押さえておかねばならない。

 (出張先で記憶に頼って記述しているため、若干不正確になるかもしれないので、ご容赦いただきたい。)

 チケット制採用の理由は「現金で収拾した場合、(大変失礼ながら)現場で作業にあたる方に現金を取り扱っていただく事によるトラブルがあり得る。チケットにすることによって、それらが回避でき、また、網野町で発生していたような巨額の滞納(数百万に及ぶものもあったと説明を受けている)は発生しなくなる」ということだったと記憶している。

 ところが、現時点で現金による徴収(作業員が現金を受け取り、チケットを立て替えて購入して支払う)が50%以上になっていると報告された。

 チケット制の持つデメリットは、チケット販売店への手数料が発生すること、市民がチケットを購入して保管しておく必要があること(これを補完するために、後日の郵送という仕組みが追加された)の2点が考えられる。また、チケット制で不払いがゼロであると言われていたが、これは概念上のこと(チケットを購入した時点で支払っており、不払いはあり得ない)であり、現実には、チケットを渡さない利用者の分を委託業者が調整していたという話も聞いている。

 加えて、今回の告発されたケースを分析すると、実際の汲み取り量と異なる数値を市民に示し、差額を得ていたのだから、チケットであろうが、現金であろうが、同じ事であった。

 従って、今回のケースに対処するには、電磁流量計(VCメーター)によるプリントアウトした請求書だけが有効で、旧町時代の古い手書きの領収書(請求書?)は無効であり、使ってはならないものであることを周知徹底すれば事足りる。

 確かに、作業員が現金・チケット共に関わらない形にすると、作業員がポケットに入れてしまうことの発生は防ぐことはできる。(私は、このようなことは他の作業員さんには関わりのないことで士気を削ぐ大変失礼な表現だと思っているが、ご容赦いただきたい。)しかし、このやり方にすると、チケットを使うこと自体の意味合いがなく、(他の税金・利用料と同様、市の窓口で支払うか、振り込み、または自動引き落としにすればよい)市民の使い勝手の悪さと、不要なチケット制度を維持しているためのコストのみが残される。

 加えて、当初の重要な眼目であった、「不払いの撲滅」についての対策は、(未払いがあると次回汲み取りに行かないなどの方法はあるにしても)ゼロに戻ったようなものである。

 そして、現場がチケット制を知っていながらも、現金を受け取るケースがあった背景に、チケットを買いに行ったりすることが難しい高齢者世帯などのフォローの意味があったことも忘れてはならない。ごく一部に、作業員さんが立て替えて買ってあげたりするケースがあることは私も実は知っていた。(もちろん、50%を超えるレベルなどという話ではない。)今回の制度変更は、この部分を切り捨てた?というときついが、視野に納めた整理とは言えないだろう。

 移動しなければならない時間が来てしまった。わかりやすく整理する時間がとれないが、早く市民に伝える方が優先と考え、アップする。後日、もう少し課題を整理し、私なりの代案を提起してリポートしたい。

 最後に、電磁流量計の誤差の問題を再掲載しておきたい。私は、はるかに大きな問題になる可能性があると指摘しておく。

 ・顛末書に、「VCメーターは不具合が多く、何度も調整しているが、15〜30%VCメーターが多く出る傾向があり、その隙間が利用された」との記述があった。(場長より、タンクローリーについている目盛りを目視で調べたら、誤差は10%以内であったとの報告あり。私はあきれかえっている。その目盛りを見ても不正確だから、高いお金を払ってVCメーターを付けたはずである。それを外に付いた目盛りを目視で見て、電磁流量計の誤差を評価できると言うことになる。加えて、もし10%でも誤差があるなら、市民は市に過大な手数料を支払ってきたことになる。)

作成日: 2007/07/28


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.tango-hayakawa.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/166

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

13 queries. 0.318 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

携帯サイト
携帯で最近の早川リポートや掲示板にアクセス!


お知り合いにぜひネットワークを広げて下さい。
知人に教える
Google
検索
amazonリンク
早川まさてると丹後の未来を語る会
〒629-3104京都府京丹後市網野町浅茂川1808 TEL:0772-79-2020 FAX:0772-79-2021
Powered by (有)創造工房 © 2001-2008