メインメニュー
早川リポート 最近の投稿

 rss
 rdf
 rss2
月別早川リポート
ページカウンタ
Copyright
早川まさてると丹後の未来を語る会
Tel:0772-79-2020
Powered by
(有)創造工房
HAYAKAWA
 Masateru
© 2001-2008
印刷物等への無断引用はお断りします。

2007年8月15日(水曜日)

お前は既に死んでいる?!財政5ヶ年計画

お前は既に死んでいる?!財政5ヶ年計画

 こんな事を主人公が決めぜりふで言う漫画が昔あった。趣味が合わなくてほとんど読まなかったのだが、財政の資料を分析していたら、思わず口から出てきてしまった。「お前は既に死んでいる!」

 財政の数字の羅列を見ても、私はイメージするのが正直なところ苦手でよくわからない。気になっているポイントを追いかけて、上がった下がったぐらいは読み取るが、数字の羅列を感触で捉えたり、活き活きと数字が踊り出すような読み取り方はどうも出来ないようだ。しかし、あーでもない、こーでもないと数字をコピペしながらグラフを作ってゆくと、突然視界が開けるときがある。当たり前のことしかしていないにしては手間を喰ったが、見えてしまった。「お前は既に死んでいる!」である。もちろん、私が受けたイメージであって、100%終わったと言いたいわけではない。なんとかだめにならないよう、そして、回復させる手段を考えながらの話である。

 7月20日の「全協で愕然。」で報告した資料は、市のHPからも入手できる。興味のある方はこちらを見て欲しい。

■京丹後市財政計画

 第1次京丹後市総合計画の実施計画(平成19年度〜平成21年度)の策定にあわせ、財政健全化の指針とするために5ヵ年間の中期的な財政計画を作成・公表します。財政計画については、ローリング方式により毎年度見直していくこととしています。

 ⇒ 平成19年度京丹後市財政計画(平成19年度〜平成23年度) (PDF 255KB)
 ⇒ 平成19年度京丹後市財政計画作成要領 (PDF 115KB) 

 ※平成19年7月に作成したものです。

 次に、上記資料から私が作成した資料を見て欲しい。(グラフ1)
http://www.tango-hayakawa.net/modules/wordpress/attach/zaiseikibo070815.gif
 行財政計画の数字には、合併特例債の大規模な利用は組み込まれていない(と思う。それ自体、よく考えるとおかしな話だが、私もぬかっていた。)ので、ブロードバンド計画などの大きな事業を組み込むと、行財政改革の目標数値を確保するのは非常に厳しくなるのは当たり前ではある。

 この行財政改革目標値と、5年間の財政計画の差についての方針の説明は、未だない。加えて、非常に気になるのは、ブロードバンドが収束し、9.2億の負荷しかかからないH21年度に行革目標と財政計画の差は29.1億円の最大値となる。その理由は、この時点では読み取れない。

 財政的に可能かどうかの検証も必要だが、行財政改革とこの財政計画の考え方についての説明は必須であろう。それにしても、参考資料として見て欲しいのだが、合併時に描いた新市建設計画との差が恐ろしい。今年度でも行革目標との差で46億円減額である。町が一つ消えたレベルの減額を抱えて京丹後市は走っている。合併時の絵がそのまま動くはずもないだろう。

 

 次に、市の財政を支える基金の推移を見てみよう。色々な基金があるが、一般会計の財源として崩して使えそうなもののみを足し合わせてみる。(グラフ2)
 http://www.tango-hayakawa.net/modules/wordpress/attach/zaityousuii070815.gif

 このグラフを見てぞっとした行政関係者は多いことと思う。年度初めに予算を組む際に、この基金を数億円崩して予算を組み、年度に入ってから、色々な補助金を確保して、基金を戻してゆくのが一般的な予算の組み方だ。財政調整基金が6億、4億というレベルは尋常のものではない(と私は思う)。聞くところによると、市税収入を多く見積もるだとか、前年度の繰越金を上手く使うだとか、手法はいくつかあるようだが、この右肩急激下がりのグラフと市民経済悪化の前では、私は唸るしかない。まあ、このグラフだけを見ているとH22あたりでどうにもならなくなる気がする。

 

 さらにぞっとするグラフをお見せしよう。例の下水道の平準化債を使わなかった場合を試算してみる。(グラフ3)

http://www.tango-hayakawa.net/modules/wordpress/attach/zaityou-heizyun070815.gif

 平準化債については、3月議会の予算審査に関連して、「禁断の木の実を食べるとき」に詳しく書いた。そして、なんと、予算が動き始めたすぐの6月議会で、再度2000万円の平準化債を打ち出の小槌のように使っている様を見て、モラルハザードが起きてしまったと強く感じた。そして、この財政計画で、毎年平準化債をめいっぱい(だと思う)使っている様を見て、愕然とした。

 今年度組み込まれた3億円の平準化債を用いることで、一般会計から下水道会計への繰入金が3億円低く抑えられ、それで浮いた財源は、病院の繰入金の増額2.3億円に回ったと見て良いだろう。もし、この平準化債を使わなかったら何が起きるか、それを試算したのが上のグラフ3である。財政調整基金のみを崩してゆくと、平成20年度が終わった時点で残額は5億円程度となる。他の基金を軒並み崩していっても、平成21年度末には基金はほとんど消滅となる。

 私は平準化債は使うべきではないと議会で発言し、市長はこれを「智恵である」と言い、私は「いや、罠である」と反論した。が、このグラフを見て、私でも使わざるを得ないほど、財政が危機的状況に踏み込んでしまっているのではないかと正直言ってかなりのショックを受けた。

 実は、松本経一議員がこの平準化債に関連して気になることを言っていた。相当に恐ろしい内容だったが、松本氏が見いだしたことでもあり、彼の発表を待ってコメントしたい。

 いずれにしても、これらは市が公式に発表した今後5年間の財政計画に基づくデータである。私が推測した数値は使っていない。足し算、引き算して、グラフに示しただけである。その読み方には私の行財政改革や京丹後市の状況に対する情報が加味されている。皆さんも、特に市の職員の皆さんは、自分でこのグラフを読み解いて欲しい。何が起こるのか、今、何をしなければならないのか、見えてくるはずだ。

 当たり前であるが、私の意見が100%正しいはずはない。違う側面が見えている人は、是非教えて欲しい。その見方も融合させながら、私なりの考え方を構築してゆきたい。

 この状況を良く読み取った上で、もう一度、私が指摘してきた事業を見直してみて欲しい。光ファイバー計画45億円、網野エリアの新規下水道計画200億〜400億?、東京でのファッションウィーク1100万円、堀川通りチャレンジショップ1200万円、商品券割引分1000万円補助、信用保証料100%補助1200万円、なんとか止めることができたが旭・蒲井の温泉掘削・宿泊施設建設数億円、病院の赤字10億円/年(18年度当初繰入ベース。累積赤字は43億円)。

 ほとんどの市民は、私の指摘に賛同してくれるのではないかと思っている。お金を使うのがだめだとか、補助金がだめだとか言っているのではない。その血税に見合うだけの成果が期待できるかどうか、これからの財政状況を見据えた時に、やるべき、やれる施策かどうかである。

 京丹後市の状況は、既に危機への分岐点を超えているのではなかろうか。その切迫感は、市の施策や議会に私は感じることができない。実は、これが最大の危機なのかもしれない。

作成日: 2007/08/15


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.tango-hayakawa.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/175

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

13 queries. 0.306 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

携帯サイト
携帯で最近の早川リポートや掲示板にアクセス!


お知り合いにぜひネットワークを広げて下さい。
知人に教える
Google
検索
amazonリンク
早川まさてると丹後の未来を語る会
〒629-3104京都府京丹後市網野町浅茂川1808 TEL:0772-79-2020 FAX:0772-79-2021
Powered by (有)創造工房 © 2001-2008