メインメニュー
早川リポート 最近の投稿

 rss
 rdf
 rss2
月別早川リポート
ページカウンタ
Copyright
早川まさてると丹後の未来を語る会
Tel:0772-79-2020
Powered by
(有)創造工房
HAYAKAWA
 Masateru
© 2001-2008
印刷物等への無断引用はお断りします。

2007年9月7日(金曜日)

一般質問の内容を深める〆眄

一般質問の内容を深める〆眄

 9月3日のリポートで、「今回は、今までと違った形の質問スタイルをやってみようかと思っている。取りあえず、通告内容をご覧下さい。このリポートをご覧頂いている方には、何を言いたいか、概ねおわかりになるかと思う。そういうことである。素直に、素直に、この状況に市長がトップとしてどういう見識を持っているか、聞いてみたいと思う。」と書いた。読んだ方から「気になる」と言われた。今までと違った形の質問スタイルというのが気になるらしい。

 今回は、私の質問内容、私なりの考えや方策を事前にここに書いておこうと思う。その内容が否定されても肯定されても、それを足場により良い考えが示されても良い。今後の市政を考える一つのくさびになればいいと思っている。

 質問の基本的内容と構成、私の考えはHPで事前に明らかにして、この内容を前提として質問を行うことは、私の質問内容を確認しに来た担当部長に伝えてある。(と、書きつつ、14日金曜日が私の一般質問であり、それまでに書ききれるか・・・。がんばらねば。)

 もちろん一般質問でもあり、<市長の所信を質す>ものであるが、読者の皆さんも是非自分のこととして考えてみて欲しい。

1.連結決算から見た財政計画と大型事業のあり方
  a)連結決算を迎える中で、現在の財政状況への評価
  b)下水道会計への繰入金と公債費の将来
  c)内訳がなかった1099万円の物品管理システム(防災行政無線)

 一番目の項目では、財政的な側面から京丹後市の将来を考えてみたい。先ず、市長にa)b)を踏まえた見識を問い、私なりの考えを述べながら、やるべきと私が考えることを市長はどう考えるか、確認してゆく。c)は若干毛色の違う質問になるが、この財政状況下、看過できない問題なので、トップとしての認識を確認する。

 基本的な前提は、6月に成立した自治体財政健全化法によって、第三セクターも含めた連結決算で財政がチェックされる時代が来ているということだ。加えて、自治体財政を悪化させる要因の下水道と病院×2を京丹後市は持っている。財政の状況については、今までのリポートで私なりの整理をしてきた。(最後にリンクと一部グラフだけ再掲しておく。)

 市がやっと明らかにした5ヶ年財政計画において、行財政改革の目標値とのずれ(9.9〜29.1億円)が非常に大きい。行革の数値は「この計画どおりに進めないと、将来の京丹後市の財政は成り立っていかない」というミッションを持って作成されていたはずであり、これを超える場合には本当に必要な施策かどうかの確認と、確実な財源を示して行うことが必要である。行財政改革と財政計画の整合性について、議会に対してきちんと説明・議論を行う必要があると私は考えている。

 また、下水道、病院の企業会計は一般会計とは切り離されているが、それぞれ危機的な状況にあることはいうまでもなく、来年度末から一般会計との連結決算ベースで評価されることを考えると、緊急事態ともいうべき状況にある。

 下水道・病院会計については、財政計画においては繰入金の額のみで示されているが、これらの実態によって実際は大きく数値が変わってしまう。下水道については、1)新規を一旦停止し、既存下水道の延長と加入促進に集中した場合 2)新規事業もこのまま継続した場合 3)1,2の中間 の3パターンにおける財政計画を示し、病院会計については、1)公設公営で現状2病院 2)公設公営で1病院1診療所(既存診療所は除く) 3)その他民営化の現実的な選択肢 の場合について、大まかな予測財政計画を示すことが必要であると考えている。

 そして、連結決算を前提とした「第二次行財政改革目標値」を示すべき(示そうとするべき)であると考える。(現在の行革目標値では連結決算は考慮されていない。)

 c)内訳がなかった1099万円の物品管理システム(防災行政無線)については、「恥を忍んで報告 2007年7月2日(月曜日)」で報告したが、防災行政無線で各家庭に配布する受信機を管理する物品管理システム(1099万円)の内訳が6月議会可決後の私が確認した時点で存在していない事などが明らかになった。正式に指摘をしているにもかかわらず、現時点でこれについてのきちんとした対応はまだない。この問題は、議会と市との信頼関係に大きく関係する出来事でもあり、また、施策の内容をきちんと見ているか、細かい予算は厳しくチェックされていても大きな金額予算やIT関連がいいかげんになってしまっていないか、起こった出来事にきちんと対処(危機管理)できているか、などの問題を含んでいる。非常に重要で、かつ、象徴的な問題だと思うので、きちんと整理を付けておきたいと思う。

 1)配布する受信機につける番号をICタグを使って管理しようとしているが、従来のバーコードで十分であり、その方が使いやすく安価なはずである。そのために831万円(見積ベース消費税抜き)をかける必要はないと考える。

 2)戸別受信機情報入力端末としてノートパソコン1台47万2180円の見積となっているが、今の機器の価格からして、理解できる範囲を超えている。

 3)戸別受信機設定用ソフト(受信機の受信周波数などをセットするソフト)が19万円×5(見積ベース消費税抜き)となっているが、個別受信機14000台を3億1283万円で購入して、必要不可欠な設定ソフトが別売りで物品管理システムに入っていることが非常に不思議に思える。(100%おかしいという話ではないのかもしれない。が、納得しがたい。)

 4)京丹後市向け個別受信機管理ソフトが629万円(見積ベース消費税抜き)となっているが、入手できた納入仕様書を見る限りにおいては、特段何の難しさもない、アクセスで私が作っても半日から1日仕事(失礼)かと思える程度のソフトである。件数が多いとの説明もあったが、たかだか2,3万件で、滅多に更新はない。

 5)今回の指摘は、追加事業4.8億円のうちの、1099万円分についての話である。全体の見積、内容をきちんと精査し直しておくことが必要ではないか。

 6)今回の見積内容について、情報政策課は関わっていない。(と私は確認した。)専門知識が不足するなどの条件があるなら、各部・課連携してチェックすべきではないか。

 7)議場で配付された資料は1099万円の一部にすぎず、実際に購入される機器とは異なったカタログが配布されている。あり得ない話ではないか。

                                              (続く)

  お前は既に死んでいる?!財政5ヶ年計画 2007年8月15日(水曜日)

http://www.tango-hayakawa.net/modules/wordpress/attach/zaiseikibo070815.gif

http://www.tango-hayakawa.net/modules/wordpress/attach/zaityou-heizyun070815.gif

  多くの自治体では公共下水が首を絞める。京丹後も。 2007年8月19日(日曜日)

http://www.tango-hayakawa.net/modules/wordpress/attach/gesuizaisei-gurahu.gif

  経常収支比率94.5%が示すもの 2007年8月31日(金曜日)

  実質収支4.11億円黒字の意味とは? 2007年9月1日(土曜日)

http://www.tango-hayakawa.net/modules/wordpress/attach/H18kessan-zissitusyuusi.gif

  職員給与カットが財政に与える影響 2007年9月2日(日曜日)

 

  病院の財政状況についての軽い考察 2007年9月6日(木曜日)

 合併したH16年度末の2つの市立病院の累積赤字合計額は▲24.92億円である。今年の<本当の>累積赤字額は▲42.73億円となる。H16年度の2倍弱である。5年後(中山市政1期目残り1年+次期4年)のこのまま推移した場合の予測値は、▲96.78億円となり、H16年度の約4倍である

 http://www.tango-hayakawa.net/modules/wordpress/attach/byouinakazi.gif

 

 

作成日: 2007/09/05


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.tango-hayakawa.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/189

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

14 queries. 0.203 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

携帯サイト
携帯で最近の早川リポートや掲示板にアクセス!


お知り合いにぜひネットワークを広げて下さい。
知人に教える
Google
検索
amazonリンク
早川まさてると丹後の未来を語る会
〒629-3104京都府京丹後市網野町浅茂川1808 TEL:0772-79-2020 FAX:0772-79-2021
Powered by (有)創造工房 © 2001-2008