メインメニュー
早川リポート 最近の投稿

 rss
 rdf
 rss2
月別早川リポート
ページカウンタ
Copyright
早川まさてると丹後の未来を語る会
Tel:0772-79-2020
Powered by
(有)創造工房
HAYAKAWA
 Masateru
© 2001-2008
印刷物等への無断引用はお断りします。

2007年11月14日(水曜日)

厳しいやりとりの先に風が・・・

カテゴリー: - 早川まさてる @ 23時35分10秒

厳しいやりとりの先に風が・・・

 先日、うれしいやりとりがあった。

 具体的な内容はあえて書かないが、議会の本会議、議会終了後も継続して、相当に厳しい指摘とやりとりをしたテーマがある。

 最初の頃は、私を見る担当者の目に○○な気配が満ちあふれていた。指摘をしていっても、ポイントがずれていたりかみ合わなかったり・・・。どこまでやるべきか、色々考えながら話していたが、「これは正念場だな。誠実に想いを伝えきるしかない」と思い、教育などの分野における厳しい予算の組み方、実際の業務プロセスや将来の組織編成の変化など全体の中で組み立てたいこと、このテーマだけが問題ではなく、このことを通して事業のあり方全般を見直す一つのきっかけとしたいことなどをじっくり話していった。

 途中で、空気が変わったように感じた。担当者の目に宿る○○な気配は消えていたと思う。私自身も気分もすっきりしていた。

 つい先日、結果がどうなったか聞いてみた。私の指摘・提案したことが全て通ったわけではない。しかし、担当者の話を聞いていると、きちんと私の伝えたことも理解し、踏まえた上で、現場の責任者として判断したことだと伺えた。それでいいんだと思う。そして、今回の一連の出来事を他の場面でもきちんと活かしていかねばならないことを双方理解していると確信できた。この積み重ねが信頼を創ってゆくのだと思う。

 「くそう、なんで俺はこんなしんどい目をして、山に登っているんだろう」と思いながら、キャンプ地に到着。一陣の風が吹き抜けたときの爽快な気分は最高である。10月初旬に、息子2人とテントと食料を担いで上高地から涸沢まで登り、穂高連峰を仰いできた。(もちろん、重いものは息子に担がせている。私は、非常用燃料を身にまとっている。)
 
 あえて厳しい環境を求める必要はないのだろうが、厳しさの先にある爽やかな風は最高である。

作成日: 2007/11/14


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.tango-hayakawa.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/212

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

13 queries. 0.294 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

携帯サイト
携帯で最近の早川リポートや掲示板にアクセス!


お知り合いにぜひネットワークを広げて下さい。
知人に教える
Google
検索
amazonリンク
早川まさてると丹後の未来を語る会
〒629-3104京都府京丹後市網野町浅茂川1808 TEL:0772-79-2020 FAX:0772-79-2021
Powered by (有)創造工房 © 2001-2008