メインメニュー
早川リポート 最近の投稿

 rss
 rdf
 rss2
月別早川リポート
ページカウンタ
Copyright
早川まさてると丹後の未来を語る会
Tel:0772-79-2020
Powered by
(有)創造工房
HAYAKAWA
 Masateru
© 2001-2008
印刷物等への無断引用はお断りします。

2008年1月13日(日曜日)

涙がでるなぁ。矢祭町

カテゴリー: - 早川まさてる @ 12時15分49秒

涙がでるなぁ。矢祭町

 先ほど、サンデープロジェクトの特集で、矢祭町の特集を見た。

http://www.tv-asahi.co.jp/sunpro/
続・矢祭物語
〜「善意の図書館」で地域再生〜


「1年365日働く役所」として一躍有名となった福島県矢祭町。2001年の「合併しない宣言」以来、劇的なコストカットと、住民サービスの向上を両立してきた矢祭町の改革が、さらなる進化を遂げた。

人口約7千人で主産業もない矢祭町には、書店もなく、図書館づくりは住民悲願となっていた。しかし矢祭町にはカネもない・・・
そんな中、一人の町職員が思いついた秘策に、他の自治体関係者から浴びた非難の嵐。
しかし、ついに奇跡は起きた!

他の自治体が真似できないような、これらの数々の改革を率いてきたのは根本良一町長(70)だったが、去年、24年の任期を全うして退任した。その根本氏が引退した今だからこそ初めて語った本音とは。
矢祭町「奇跡の地域再生」への道のりを1000日の密着取材で追った。


 ご覧になった市民も、職員も多いのではないかと思う。

 涙が出そうであった。これです。これをやりたいのです。皆さんも同じ思いではありませんか?

 「子供たちに誇りを持って語れる京丹後市を創り出したい!」 私は心底そう思う。経済が厳しいから、遊ぶところが少ないからだめなのではない。私たち大人が、前向きに、少しでも地域を良くするために頑張っている姿、それこそが私たちの誇りにつながり、人を育てる事につながると確信できる。

 頑張れ京丹後市! 一工夫で出来ることがたくさんある!

作成日: 2008/01/13


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.tango-hayakawa.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/223

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

13 queries. 0.295 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

携帯サイト
携帯で最近の早川リポートや掲示板にアクセス!


お知り合いにぜひネットワークを広げて下さい。
知人に教える
Google
検索
amazonリンク
早川まさてると丹後の未来を語る会
〒629-3104京都府京丹後市網野町浅茂川1808 TEL:0772-79-2020 FAX:0772-79-2021
Powered by (有)創造工房 © 2001-2008