メインメニュー
早川リポート 最近の投稿

 rss
 rdf
 rss2
月別早川リポート
ページカウンタ
Copyright
早川まさてると丹後の未来を語る会
Tel:0772-79-2020
Powered by
(有)創造工房
HAYAKAWA
 Masateru
© 2001-2008
印刷物等への無断引用はお断りします。

2008年1月15日(火曜日)

若者が危ない新型インフルエンザ

カテゴリー: - 早川まさてる @ 00時26分34秒

若者が危ない新型インフルエンザ

 どれぐらいの方が、NHKスペシャルをご覧になっただろうか。12,13日に放映して、13日の終了時に再放送を告知していたということは、NHKが国策として国民に情報を伝えようとしていると言うことだろう。15,16日に再放送になる。それぞれ深夜0時10分からということだ。(これは、15日の深夜なのか、14日の深夜なのか、今ひとつ自信がない。
http://www.nhk.or.jp/special/rerun/index.html)

 感染者がいるかもしれない環境で、感染症の専門家が、ああもあっさりN95マスクを外すかなぁなどと思ってしまったが、わかりやすい内容だったと思う。見逃した方は、是非、見ておいて欲しい。

 放送では伝えられていなかったが、非常に気になっていることがある。私は、詳しく調べてみるまでは、高齢者が危ないと思っていた。どうも違うらしい。若い人の方が危ないようなのだ。この点について、若干補足しておきたい。

 「災害防衛論」(広瀬弘忠 東京女子大学文理学部教授 集英社新書720円)から引用する。P.66である。

 「クリストファー・マリーらは、先に紹介したランセットの論文の中で、2004年に、かつてのスペイン・インフルエンザのパンデミックが再来したと仮定したときの、年齢階層別の死者を推計している。最も死者を多く出すのは15才から29才までの年齢階層で、全体の35%を占めている。次に多いのは0才から14才までで28%、そして30才から44才までが23%である。従って、15才から44才までの青壮年の死が全体の58%を占めている。それに次ぐのが子供たちだ。そして、45才から59才までの死者は7%、60才以上が7%である。」

 もちろん、この試算は今回発生しかけている強毒性H5N1型新型インフルエンザの試算ではない。弱毒性スペインかぜの試算である。そして、年齢階層別の致死率ではないので、よく分からないところもある。が、恐るべき話である。

 何故その様なことが起きるかというと、免疫が活発な世代ほど、感染して大量に発生したウイルスに対抗するために大量のサイトカインという免疫に関連するタンパク質をつくりだしてしまい、それが自分の体を攻撃する形になって肺炎などを引き起こすらしい。それをサイトカイン・ストームと呼ぶ。これが、若い世代ほど起こりやすいと言うことだ。

 2日目の放送の中で、厚生労働省の方が、「対応は地方自治体の仕事。必要があればサポートをする」という発言をしておられたと思う。(録画を聞き直していないので、言葉が違っているかもしれない。ご容赦を) 一瞬耳を疑ったが、パンデミックになると、自分の身は自分で守るしかないという意味だろうと思っている。地方自治体がすべき、出来る、やらなければならない事はたくさんある。

産経新聞「新型インフルエンザ 未知の脅威、食料備蓄は必須」という記事を昨年末に発表していた。オブラートで何重にもくるんであるが、私のブログを読んでくださった方なら、記者が何を考えて書いているか、読み取れるだろう。読んでおく価値はある。  

 
 実は、こんな事をしている場合かと思いつつ、(選挙まであと3ヶ月・・・。うーむ)対処をしておかなくてよいという根拠が見あたらない。京丹後市で600人死亡という想定が、仮に1/100で6人死亡の可能性であったとしても、血相変えて取り組む以外の選択肢はないだろう。自分の頭の中でシミュレーションしてみると、ここにはとても書けないような状況と対処が必要になる。

 1月16日、久美浜病院で新型インフルエンザがパンデミックした想定での訓練が行われる。もちろん、視察に行く。

作成日: 2008/01/14


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.tango-hayakawa.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/224

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

13 queries. 0.303 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

携帯サイト
携帯で最近の早川リポートや掲示板にアクセス!


お知り合いにぜひネットワークを広げて下さい。
知人に教える
Google
検索
amazonリンク
早川まさてると丹後の未来を語る会
〒629-3104京都府京丹後市網野町浅茂川1808 TEL:0772-79-2020 FAX:0772-79-2021
Powered by (有)創造工房 © 2001-2008