メインメニュー
早川リポート 最近の投稿

 rss
 rdf
 rss2
月別早川リポート
ページカウンタ
Copyright
早川まさてると丹後の未来を語る会
Tel:0772-79-2020
Powered by
(有)創造工房
HAYAKAWA
 Masateru
© 2001-2008
印刷物等への無断引用はお断りします。

2004年12月23日(木曜日)

12月議会終了しました

カテゴリー:
    - 早川まさてる @ 21時47分23秒

     昨日22日、12月議会が終了しました。

     一般質問をしないという変則的?な形でしたが、一般質問以外でいかに中身のある動きをするかを強く意識し(別の場面で無理に質問したという意味ではありません。念のため。)、本当に効果的なあり方を一般質問というある意味では派手で充実感のあるツールをはずすことで少し考えることができた気がしています。

     今回の議会で印象的だったことは、市長の答弁に若干の変化が感じられたことです。6月9月は「検討する」という比較的積極的な響きの答弁が連発?されていたのですが、今回は、「勉強する」というまあ前向きだと思いますが抑えた表現をされておられました。
     後ろで部長たちが苦笑していたので、恐らく財政面も含めた相互理解が進んだ結果だと思います。

     確かに財政的には非常に、非常に厳しい。市長の発言では来年度予算を300億程度に絞るという発言がありました。しかし、その程度の削減ですますと言うことは、市債を相当金額積み上げなければ不可能に思えます。18年度までに徐々に絞り込んで健全化を図るということは確かにその通りだと思いますが、そのころには今考えている財政状況を遥かに超えた財政状況が待ち受けている気がします。新政会の研修で財務省主計局で2時間ほどレクチャーを受けましたが、その内容も恐ろしいものです。

     しかし、市長には丸くなってもらっては困る。ピントの合った土の香りのする施策を力強くリーダーシップをふるって進めてゆくことを市民は期待しているはずです。もちろん軌道修正が必要なものはある。それはそれで潔く修正されたらよい。同時にやるべきことは衆知を集めて断行して欲しいのです。即座にできる改善や予算がほとんどいらない素敵な施策もたくさんあるはずです。来年度予算に、厳しい削減・改革と共に、きらりと光る施策がちりばめられることを期待します。

     議会中、色々なことに気がつきメモってはいるのですが、なかなか文章に書けません。ぼちぼちと出力していきたいと思います。


    コメント

    このコメントのRSS

    この投稿には、まだコメントが付いていません

    コメントの投稿

    ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

    15 queries. 0.187 sec.
    Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

    携帯サイト
    携帯で最近の早川リポートや掲示板にアクセス!


    お知り合いにぜひネットワークを広げて下さい。
    知人に教える
    Google
    検索
    amazonリンク
    早川まさてると丹後の未来を語る会
    〒629-3104京都府京丹後市網野町浅茂川1808 TEL:0772-79-2020 FAX:0772-79-2021
    Powered by (有)創造工房 © 2001-2008