メインメニュー
早川リポート 最近の投稿

 rss
 rdf
 rss2
月別早川リポート
ページカウンタ
Copyright
早川まさてると丹後の未来を語る会
Tel:0772-79-2020
Powered by
(有)創造工房
HAYAKAWA
 Masateru
© 2001-2008
印刷物等への無断引用はお断りします。

2008年2月25日(月曜日)

7才から辞書を引いて頭をきたえる

カテゴリー: - 早川まさてる @ 22時12分22秒

7才から辞書を引いて頭をきたえる


 街頭演説で体が冷え切り、飛び込んだ本屋さんでおもしろい本を見つけた。

   (大宮です。平積みしてあった。いいねぇ。このセンス。)

 「7才から「辞書」を引いて頭をきたえる」
    立命館小学校教頭 深谷圭助  すばる舎 1500円

 出版社/著者からの内容紹介

本書では、子どもたちが辞書を引きながら「語い力」「読む力」
「書く力」「考える力」などといった「学力に結びつく力」を身につける方法を
豊富に紹介しています。
 小学校低学年は「言葉の吸収力」がピークに達する大切な時期であり、学ぶ意
欲も非常に高いため、「きっかけ」さえあれば、子どもは楽しみながら学んでい
きます。
 子どもたちは、国語辞典を「知っている単語探し」「入り組んだ漢字調べ」
「百科事典の代用」といったさまざま用途で使ううちに、「答えを見つける面白
さ」の虜になっていきます。
 こうして「学ぶ習慣」を身につけるなかで、メキメキと「語い」が増え、教育
漢字を含めた「1945字」の常用漢字を「読み書き」できるようになっていくので
す。このため、本が好きになり、漢字字典、植物事典、百科事典などもむさぼる
ように読みふけるようになります。学習面においても、自分で調べ、検証する習
慣が身につくため、考える力がグングン伸びていきます。
 一冊の辞書から始まる、子どもの可能性を最大限に引き出す学習法を、今スグ
に試してください。次に伸びるのは「あなたの子どもの番」です! 

 とにかく衝撃的なのは、子供たちと辞書の写真だ。付箋紙が怒濤のように張り込まれていて、ぶくぶくにはち切れそうになった辞書。これを小学1,2年生が楽しそうに見ている。ははは。なんと、ここまでできるんだ。すごいとしか言いようがない。

 私も中学の頃、辞書に赤線を引きながら使っていて、その赤線が増えてくると、なんだかうれしくてバラバラ見ては知っている単語に加速的に線を引いていった記憶がある。付箋紙を貼って増えてゆくのは、とても楽しいことだろう。

 子供たちの貼る付箋紙の数が100枚を超えた頃から、辞書を引くスピードが速くなるそうだ。そして、500枚を超える頃には、おもしろくておもしろくてやめられなくなっていくようだ。

 大人の感覚からすると、子供たちに勉強をさせているように感じるかもしれない。しかし、本来子供たちには遊びと学びの区別はない。大人がやりたくない<勉強>にしてしまうのだろう。

 小さな子供を持つ方、そして、先生方は、是非この本は、読んでみて欲しい。親御さんは、是非してほしいと思うだろう。先生方は、この大変な忙しさの中で、無理ではないかと思われるかもしれない。しかし、これが実現したら、恐らく授業が無茶苦茶楽になるのではないだろうか。そして、楽しくて仕方がなくなるのではないだろうか。

 もちろん、現場の先生や親御さんたちと研究をした上でであるが、私はこういう教育を京丹後のすべての子供たちに提供したいと思う。国が言っていることについていっても、ほとんど100%だめだと思う。(もう少し正確に言うと、国の言っていることはなかなかいいことも多い。が、それを理解した上で、それを実現するための、京丹後の子供たちに応じた手法を見いださねばならないのだ。)もし、本当に取り組めたら、恐るべき勢いで子供たちが変わり始めるだろう。

 そんなことを考えていたら、楽しくて仕方がない。財政破綻を回避して、なんとかこちらの世界に走り込みたいと、痛切に願う今日この頃である。

作成日: 2008/02/25


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.tango-hayakawa.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/237

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

13 queries. 0.303 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

携帯サイト
携帯で最近の早川リポートや掲示板にアクセス!


お知り合いにぜひネットワークを広げて下さい。
知人に教える
Google
検索
amazonリンク
早川まさてると丹後の未来を語る会
〒629-3104京都府京丹後市網野町浅茂川1808 TEL:0772-79-2020 FAX:0772-79-2021
Powered by (有)創造工房 © 2001-2008