メインメニュー
早川リポート 最近の投稿

 rss
 rdf
 rss2
月別早川リポート
ページカウンタ
Copyright
早川まさてると丹後の未来を語る会
Tel:0772-79-2020
Powered by
(有)創造工房
HAYAKAWA
 Masateru
© 2001-2008
印刷物等への無断引用はお断りします。

2008年3月24日(月曜日)

目から鱗の講演会だった。

カテゴリー: - 早川まさてる @ 22時03分21秒

目から鱗の講演会だった。

 先ほど「元気の出る公立病院改革」講演会から帰ってきた。期待したとおり、目から鱗が飛び落ちた。参加された方々は、それぞれ色々な驚きと発見を持って帰られたことと思う。

 長先生の話の中に、何度も「市長のリーダーシップ」という言葉が出てきた。病院がきちんと出来るかどうかは正に市長の政治責任だとおっしゃっていた。きびしい話であり、私も言うのもつらい部分はあるのだが、その通りだと思う。

 講演の内容は、市のスタッフが録画に取っていたので、何らかの形で見ることが出来るようになるのかもしれないが、京丹後市の病院の今後について、長先生の意見のみ、書いておきたい。(簡単なメモなので、鵜呑みにしないで欲しい。)

   久美浜病院 よく頑張っている。佐賀関病院を参考に、(行政からの)独立を考えてはどうか。

   弥栄病院  現体制を維持して、体質改善を頑張れば、十分可能性はある。

 目から鱗が飛んでいった。独立?! 民営化ではない。独立という表現だった。「久美浜病院は医師がたくさんいても赤字。弥栄病院は赤字だが医師がいたらなんとかなる」というよく聞かされた見方が吹き飛ぶパンチがあった。

 昨日も、京丹後市の病院改革についての私の意見を書かせてもらったが、今日の講演を聞かれた方には、その真意が分かっていただけたと思う。昨年10月に長先生の話を聞いて、私も衝撃と元気を頂いた。

 繰り返すが、私は心の満足度の高い医療を京丹後に作りたいと思う。地域包括医療も、予防医学も、総合医療も、そして、医療関係者の笑顔もである。市のトップが医療を熱く語り、頑張れば医者は必ず来るという確信を、今日も得ることが出来た。ロスしてしまった時間が惜しい。 

作成日: 2008/03/24


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.tango-hayakawa.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/245

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

13 queries. 0.292 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

携帯サイト
携帯で最近の早川リポートや掲示板にアクセス!


お知り合いにぜひネットワークを広げて下さい。
知人に教える
Google
検索
amazonリンク
早川まさてると丹後の未来を語る会
〒629-3104京都府京丹後市網野町浅茂川1808 TEL:0772-79-2020 FAX:0772-79-2021
Powered by (有)創造工房 © 2001-2008