メインメニュー
早川リポート 最近の投稿

 rss
 rdf
 rss2
月別早川リポート
ページカウンタ
Copyright
早川まさてると丹後の未来を語る会
Tel:0772-79-2020
Powered by
(有)創造工房
HAYAKAWA
 Masateru
© 2001-2008
印刷物等への無断引用はお断りします。

2004年12月27日(月曜日)

汲み取りシステム再質問を行いました。

カテゴリー:
    - 早川まさてる @ 20時23分24秒

    頂いた回答に、下記のような質問を行いました。

    とにかく京丹後市にとってITというツールは重要です。それがうまく稼働するためには、きちんとチェックし、ユーザー(担当課や市民)のニーズが反映された仕組みが、安価に早く提供される必要があります。そのためのプロセスとして行っています。一部のあら探しのためではないことをご理解下さい。

    ————–

    早川です。ご返答、受け取りました。年末の忙しい中、ご苦労様でした。
    いくつか改善が進んでいるようで安心しました。

    生活環境部にも関わる問題ですので、金久部長にも同報します。

    いくつか教えて頂きたいと思います。
    ただ、闇雲に公開することが望ましいとは思いませんので、質問をネット公開部
    分とネット非公開部分に分けたいと思います。

    まずは公開部分からです。

    >  お)ネットからの申込に限らずですが、受付完了のお知らせと、
    >    いつ汲み取りにくるのかをきちんと返信する。
    >
    >     申込みを受けた後、収集日時が決まるまでの間隔は短く、またその時々の受付
    >    状況によって変わるため、申込まれた方への連絡は行なっておりません。
    >     これは申し込み方法によって異なることではないので、インターネットからの
    >    申込みでも、受付完了のお知らせや収集日時を返信することは想定していません。

    a) この部分は仕様としてシステム課が想定していないと言うことだと思います
    が、技術的には何の問題もないでしょうから、収集日時を連絡するフローにする
    かどうかだけの事かと考えます。生活環境部におたずねしたいのは、いつ汲み取
    りにくるのかがわからないと言うことを不便に感じている方が多い点を認識して
    いるかどうか、そしてそれに対してどのように考えているのか(するとしたらど
    のような体制が必要でどのようなメリットデメリットがあるのか、しないとした
    ら・・・・というレベルのお答えが知りたいです。「しない」だけ聞いても何の
    発展もありませんから。)をうかがいたいと思います。

    b) 今回暫定版ということですが、cgiではなく、今回のような利用者側のメー
    ルソフトを選択した理由は何ですか。

    c) 汲み取りの受付作業は、年に2,3回以上はどの家庭も行っており、半年間
    人員配置して申込データをデータベースにすれば、後は電話番号なりを入力する
    だけで基本的な申込作業が完了し、即座に汲み取り日程を返答することも可能に
    なる分野かと思います。技術的には非常に簡単であり、過去の申込データを整理
    すれば、1,2ヶ月間のデータベース作成作業で十分かもしれません。生活環境
    部と情報システム課でそのような検討はなされていますか。

    以下はネット非公開で質問させて頂きます。(内部的にきちんと今後できるよう
    に改善されればよい問題であり、あら探しをするためではないからです。)

    ———-中略————

    年が明けてからでもかまいません。ご回答をお待ちしております。


    コメント

    このコメントのRSS

    この投稿には、まだコメントが付いていません

    コメントの投稿

    ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

    15 queries. 0.188 sec.
    Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

    携帯サイト
    携帯で最近の早川リポートや掲示板にアクセス!


    お知り合いにぜひネットワークを広げて下さい。
    知人に教える
    Google
    検索
    amazonリンク
    早川まさてると丹後の未来を語る会
    〒629-3104京都府京丹後市網野町浅茂川1808 TEL:0772-79-2020 FAX:0772-79-2021
    Powered by (有)創造工房 © 2001-2008