メインメニュー
早川リポート 最近の投稿

 rss
 rdf
 rss2
月別早川リポート
ページカウンタ
Copyright
早川まさてると丹後の未来を語る会
Tel:0772-79-2020
Powered by
(有)創造工房
HAYAKAWA
 Masateru
© 2001-2008
印刷物等への無断引用はお断りします。

2009年1月6日(火曜日)

ブログが進まない訳

カテゴリー: - 早川まさてる @ 19時15分44秒

ブログが進まない訳

 ブログを再開すると書いたまま、あまり筆が進まなかったわけはいくつかある。

 模索して研究を進めていた分野がインターネットでの情報提供にあまり向いていないように感じていたこともその一つだ。
 このしばらくの問題設定としては、「これから世界が今の延長の経済活動や、環境・エネルギー・農業技術の延長では恐らくやっていけないはずであり、もし、人類が持ちこたえるなら?、あたらしいパラダイム・原理の技術が(漢方から西洋医学、電話からインターネット、石炭から石油、ニュートン力学からアインシュタイン相対論、量子力学・・・)生まれてきているはずだ。恐らくその萌芽はすでにあり、今回の経済変動・社会変動の中で表に出始めるだろう。その萌芽をキャッチして育てることが出来た地域や企業は生き残り、社会に貢献してゆくことが出来る」というものだった。
 数ヶ月間、リサーチを続けた結果、それは確信に変わり、いくつかの技術については、開発された方とご縁を頂くことが出来、自らも一部習得できたものもある。もちろん、今も学びつつある。その一端は、「京丹後産ニンニクの地域ブランド商品製造販売事業」として模索しつつある。このプロジェクトには、新技術の萌芽が密かに組み込まれつつある。

 もちろん、かなり忙しく動いていたこともある。昨年末はちょっと極端だったのだが、ニンニク産地化の調査で青森・東京に11日から15日までほど視察・調整に行き、青森からの夜行バスでインフルエンザをもらい、24日から29日深夜まで上海近郊に調査・視察に行っていた。(ある環境系NPOの調査活動に同行。象山県副知事、寧波市長、上海の師範学校副学長、3000haの干拓地開発を手がける社長、上海のばりばり起業家らと、昼夜連チャンの会議と乾杯の嵐。酒に強くて本当によかったと思う。中国の人の動き方の一端を見ることが出来た。)
 そして、帰ってきたら中国産の風邪を頂き、正月は結構きつかった。普段はほとんど風邪を引かないのだが、10年分ぐらいの排毒ではないかと思う。(風邪の高熱などで、普段は排出されにくい老廃物が体外に出る。インフルエンザの後は体が軽かった。)

 また、以前の公人としての立場も、書きにくさの一つの原因でもある。以前の市議としてのスタンスではなく一市民という立場ではあるが、市長選の対立候補であったという事実からして、市民が選択した体制が出来るだけやりやすいように口を挟まないようにしたかったので、数ヶ月間市政の動きはほとんど見ないようにしてきたし、公には発言しないようにしてきた。(と言っても、議会の動き、市の施策を少し見れば、概ねの状況がピンとくるし、あまりよい状況に思えず、余計に避けてきたこともある。)

 そして、1年前ごろに概ね予想したとおり、世界経済、日本経済はいよいよの状況になってきた。

 当然、市政はその動向を事前に予想して対策を打つ方がよいし、加えて、自らの現状に対する対策・対応も打っていかねばならない。そこまで理想的に行かなくても、超えるべきハードルを一つずつでもクリアしていくのが当然のことだと思う。1,2ヶ月前からごそごそと公開されている情報(市のホームページや公報)を見始めた。実はかなり衝撃を受けた。手を打っておくべきことが進んでいる感じがあまりしない上に、必要な情報がなかなか見あたらない。(例えば、病院問題。これだけ重要で市民の参画が必要な課題にもかかわらず、どうなっているのかさっぱり分からない。と書いて、今HPをチェックしたら、推進会議の10月分がアップしてあった。)
 また、様々伝え聞く状況からしても、「これはやばいな」という印象が強い。(誤解かもしれない。が、プロとして7年間政治に関わった経験から言うと、あまりはずれていないだろう。もちろん危機感を持って頑張ってくれている職員さん達がいることは存じている。)

 ブログを書きにくい背景は色々ある。色々あるが、市民を取り巻く状況が危険すぎる。そして、知っておいた方がよい情報がたくさんある。新型インフルエンザについても、注射のワクチン以外に、「知識のワクチン」という表現があるが、知っていれば自力で回避できる危険もある。今の時代の大変化の中で変化の時だからこそできる自衛、そして逆転一発ホームランの方法もいくつかある。

 政治から意識が随分離れてしまったが、それはそれとして書かねばと言う想いも強くなっている。

作成日: 2009/01/06


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.tango-hayakawa.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/257

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

13 queries. 0.189 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

携帯サイト
携帯で最近の早川リポートや掲示板にアクセス!


お知り合いにぜひネットワークを広げて下さい。
知人に教える
Google
検索
amazonリンク
早川まさてると丹後の未来を語る会
〒629-3104京都府京丹後市網野町浅茂川1808 TEL:0772-79-2020 FAX:0772-79-2021
Powered by (有)創造工房 © 2001-2008