メインメニュー
早川リポート 最近の投稿

 rss
 rdf
 rss2
月別早川リポート
ページカウンタ
Copyright
早川まさてると丹後の未来を語る会
Tel:0772-79-2020
Powered by
(有)創造工房
HAYAKAWA
 Masateru
© 2001-2008
印刷物等への無断引用はお断りします。

2009年1月7日(水曜日)

8億円の1割は・・・

カテゴリー: - 早川まさてる @ 18時22分38秒

8億円の1割は・・・

 2ヶ月前ぐらいだっただろうか。衝撃を受けた。

 6年生の娘と話をしていたら、割合がよく分からないという。

 8億円の1割は?と尋ねたら、随分考えた末に娘は答えた。

 「1億円。」

 背筋に冷たいものが流れた。(それはないだろう、おいおい、、、)

 よくよく聞いていくと、学校では「割合弁当」なるものを使って計算はやっているが、割合というものの意味が分かっていない。分数もである。分数の割り算に至っては、実感情報と結びついていないから、考えるほどに混乱を起こしている。

 もう2年半も前のことだが、下記のブログを書いた。このときも、ぞっとした。

   2006年6月1日(木曜日) <30÷2=10あまり10>と答えた娘とこだま塾
     http://www.tango-hayakawa.net/modules/wordpress/index.php?p=89

 この時以来、断続的に良質の文章題は解かせてきた。その結果として、文章題を図に書き、イメージを操作する中で理解・解法を見つけることがかなり出来るようになってきていた。そして、理解して解くことが出来る力が付いてきた分、意味の分からない丸暗記型の解き方に抵抗を示すようにもなっているようだ。

 少し、勉強を見てやるようになって、かなり改善はしてきた。しかし、気がつかずに放っておいたらどうなったことか。。。

 昨年終わり頃から、私が週に一回ぐらいいつも遊んでいる娘の友達数名の勉強を少し見ている。やってみると皆意外なぐらい集中することが出来、1時間ぐらい、1,2問の問題にみんな黙って取り組むことも出来る。(こんなに集中して考えたことはないと感想を言っている。)6年生だが、やっているのは、下記どんぐり倶楽部で提供されている4年生用の文章題。このレベルで十分効果がある。伸びる余地、潜在的な力は十分あると思う。

 教育者の方達でも気がついている方はいるはずだ。子供たちが学校を無事卒業することに意味があるのではない。(といいつつ、あるのだが。それが精一杯のケースも増えてきているだろう。)社会に出たときにきちんと生きてゆける、きちんと仕事を得て、又は創りだして頑張ってゆける、そして、これからの激動の時代の中で生き延びることができる基礎をきちんと子供たちに身に付けさせることに意味があるのではないか。

 どんぐり倶楽部        http://homepage.mac.com/donguriclub/index-pc-new.html
   <頭の健康診断>   http://homepage.mac.com/donguriclub/shindan-new.html
   子供たちの文章題作品集 http://homepage.mac.com/donguriclub/works.html

 このどんぐり倶楽部のような塾を丹後に作ることもやりたいことなのだが、誰か手伝ってくれる人はいないだろうか。

作成日: 2009/01/07


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.tango-hayakawa.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/258

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

13 queries. 0.289 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

携帯サイト
携帯で最近の早川リポートや掲示板にアクセス!


お知り合いにぜひネットワークを広げて下さい。
知人に教える
Google
検索
amazonリンク
早川まさてると丹後の未来を語る会
〒629-3104京都府京丹後市網野町浅茂川1808 TEL:0772-79-2020 FAX:0772-79-2021
Powered by (有)創造工房 © 2001-2008