メインメニュー
早川リポート 最近の投稿

 rss
 rdf
 rss2
月別早川リポート
ページカウンタ
Copyright
早川まさてると丹後の未来を語る会
Tel:0772-79-2020
Powered by
(有)創造工房
HAYAKAWA
 Masateru
© 2001-2008
印刷物等への無断引用はお断りします。

2005年12月31日(土曜日)

創政会解散!

カテゴリー:
    - 早川まさてる @ 20時07分11秒

     あと4時間ほどで、平成17年が終わります。根深い問題が進行していった一年だった気がします。

     まず、5月16日に6人で結成した創政会が、28日をもって解散となったことをご報告しなければなりません。設立メンバー3人が思い切って動き出すことで、膠着状況だった議会の構成が大きく変化し、倫理条例成立に寄与するなど、大きな役割は果たせたのではないかと考えています。

     しかし、12月議会における私の一般質問をきっかけに、今回の問題についての考え方の違いが大きくなり、一般質問直後の16日の時点では私が幹事長を降りることで会派内の調整は済んでいたのですが、メンバーの後援会組織への強烈な働きかけや、私が一般質問の内容を議会広報等で報告することを納得できないメンバーがいる中、解散という選択肢を選ぶことになった次第です。

     一般質問以降、「早川を孤立させろ」という指示が議会外の人から出ていたと聞いています。そして、その筋の人たちから、私自身ではなく、私の周辺の人たちに強烈なプレッシャーがかかっていました。大変つらい思いをさせてしまったのだと思います。
     それにしても、一つの会派を解散させてしまうだけの力を持った動き、流れ。恐ろしい状況になってきたものだとつくづく思います。

     私にも、「君も将来を考えた方がいい」など、アドバイスをくださる人もあります。しかし、自分の中では、非常にすっきりしています。私にとっては、政治家の高みに昇ることよりも、人間として高みを求めることの方が重要なテーマです。もちろん政治という世界で活動する以上、すべてにわたって真っ白であることは難しいかもしれません。しかし、国政レベルならまだしも、市政レベルではできる限りクリアな動きを目指せるはずです。この程度の問題で、40代から、子供たちに説明もできないような動きはしたくありませんし、自分の生き方を変えてまでこの問題にフタをすることが、京丹後市の将来に寄与するとは思えない段階に入っています。

     私の見方だけが正しいとは思いません。そういう表現もできるだけ避けたいと考えています。私は、できる限り正確な事実と、それを出発点とした私なりの考えをお伝えしてゆきたいと思います。あとは、他の人たちの意見もお聞きになり、市民の皆さんがご自身で考え、京丹後市の将来のために行動して頂きたいと思います。ご自身のため、そして、子供たち、孫たちのために。

     平成18年、私にとっても、気合いのいる年になりそうです。良いお年をお迎えください。


    コメント

    このコメントのRSS

    この投稿には、まだコメントが付いていません

    コメントの投稿

    ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

    16 queries. 0.189 sec.
    Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

    携帯サイト
    携帯で最近の早川リポートや掲示板にアクセス!


    お知り合いにぜひネットワークを広げて下さい。
    知人に教える
    Google
    検索
    amazonリンク
    早川まさてると丹後の未来を語る会
    〒629-3104京都府京丹後市網野町浅茂川1808 TEL:0772-79-2020 FAX:0772-79-2021
    Powered by (有)創造工房 © 2001-2008