メインメニュー
早川リポート 最近の投稿

 rss
 rdf
 rss2
月別早川リポート
ページカウンタ
Copyright
早川まさてると丹後の未来を語る会
Tel:0772-79-2020
Powered by
(有)創造工房
HAYAKAWA
 Masateru
© 2001-2008
印刷物等への無断引用はお断りします。

2006年7月29日(土曜日)

何とかしてくれるだろう。きっと。。。

カテゴリー: - 早川まさてる @ 01時21分00秒

 前回、「病院、下水道、保育所民営化・・・・。薄氷を踏んでしまった気がしている人は私以外にもいることだろう。」と書いたら、読者からおたずねがあった。私もきちんと伝えるべきだと思う。伝えたいと思う。

 「(一時借入金で誤魔化していることなど)ここで議論したら大変なことになる。何とかしてくれるだろうと思った。」という、夕張市の議員さんの言葉も載せさせてもらった。無理もないだろうなという、概ね状況が想像できる業界人?としての感覚もある。同時に、都会に比較して、行政が市民の暮らしに与える影響が圧倒的に大きい田舎型社会に於いては、このやり方は致命傷になる時代であることも骨身にしみて知っている。

 問題点を明らかにする、それも、どこかでこそこそ言っているのではなく、ネット上やチラシの上で明示することは非常にエネルギーのいることでもある。特に政治に関わる者は全人格をさらしながら発言する面があり、余計な事は言わない方が自分の立場を確保しやすいということは、骨身にしみて知っている。(まあ、骨身にしみて知っているなら、もう少し懲りてもいいだろうとも自分でも思う。)

 話を本題に進める前に、ひとつ報告しておきたいことがある。今、丹後の漁港に、小さな鰯(いわし)があがっている。これをオイルサーディンにすると無茶苦茶美味い。前の日の鰯は論外である。その日の朝の市か4時の市に出たヤツを夕方買ってきて、即刻調理する。頭とはらわたを取って、10%の塩水に2時間つけ、ガラスビンに詰め込む。レシピではローレルと鷹の爪、ニンニクを入れることになっているが、庭に生えているバジルとゆず胡椒を試したら、ばっちり美味い。鰯とバジル、ゆず胡椒、ニンニクを詰め込み、オリーブオイルをたらし込んで、圧力鍋で45分。絶妙な味が骨身にしみこんでおり、文句なし。オイルサーディンを食べた後に残るオリーブオイルも、スパゲティやら野菜炒め、チャーハンに混ぜ込んだら、これまたばか美味い。丹後生活の醍醐味である。

 さて、話を本題に戻す。

 弥栄病院の産科のことである。6月16日付けのリポートで「弥栄病院 出産受け入れ再開!」とみなさんにご報告した。少し予感はしていたのだが、きちんと状況を把握せずに、みなさんに伝えてしまったことを深く反省している。

 山田知事を始め、府の職員さん達も必死で医師確保に走ってくださったと聞いている。市の職員さん達も胃に穴のあく思いでがんばってくださった。産科を取りあえず再開できる体制にまで持ってきてくださったことに心から感謝したいと思う。その上で、私は市民の目線を踏まえて、ありのままを見極め、改善の方策を描かねばならないと思う。

 7月18日から産科が再開した。12名(だったと思う)の医師が、日替わりで駆けつけてくださっている。再開後一週間(実質5日)の時点で、受診妊婦さん10数名中、弥栄病院で出産が可能と判定された方は、ゼロである。

 新聞報道でも、「初産や高齢、合併症がある妊婦については、派遣された医師の判断で府立与謝の海病院(与謝野町)で検診・出産することもある。(読売)」とされ、初産がだめなのは辛いが、ハイリスクなお産を避けるのは仕方がないだろうと私も思っていた。しかし、あまりにも出産受け入れが少なすぎる。また、出産可能と判定された場合でも、現時点確定している部分としては10月2日から2月28日までしか、弥栄病院での出産受け入れの予定はない。

 府や弥栄病院としても、医師が日替わりになってしまう条件下、安全性と医師確保を考えたぎりぎりの選択であったのだろう。それも理解できる部分はある。しかし、京丹後市市内での出産を心待ちにしていた市民、そして、赤ちゃんができた喜び一杯の妊婦さん達から見たらどうであろうか。私は、非常に辛い思いをしている。

 今、市がなすべき事は、正確な情報を市民に伝えることであろう。市民は、<弥栄病院での出産が再開された=ほぼ元通りで普通に出産がずっと?できる>と思い込んでいる。そして、一刻も早く、あまりに厳しい判定基準を(私は医療のプロではないが、あえて書かせて頂きます)原則は原則としながらも、医師の裁量の幅を増して、弥栄病院で出産できる方を増やす努力をすることではないか。そして、府が非常な苦労をして確保してくれた猶予期間の間に、次の体制を固めることであろう。それがどんな方向性(常勤医師の確保で継続受け入れ、廃止、助産師外来、バースセンター構想等)になるにしてもである。期限切れ近くであわてても、どうにもならない事は間違いない。それだけは避けねばならない。

 このしばらくの調査の中で、私はかなりの情報と原因追及、見通しを得たと感じている。そのすべてをここに今書くことはしない。最低限に留めたい。上記の事を公開するだけでも、相当な激震を生む可能性があるだろう。しかし、私は「ここで議論したら大変なことになる。何とかしてくれるだろうと思った。」というスタンスは取りたくない。取ることができない。どちらにしても、しばらくすれば大問題になって市民の目に触れる事は確かであり、陰から見ている方がいいという考え方もありうる。しかし、今なら打てる対策がある。この機を逃してはならないのである。このプロセスが、市や病院の自主的な前向きの情報共有・問題解決への動きにつながることを心から願っている。

 我々が今語るべき言葉は、「何とかしてくれるだろう。きっと。。。」ではない。「何とかします。きっと。先ず私から動きます。そして貴方も一緒に力を貸してください。子供達のために、そして、地域の将来のために。そして、何よりも自分自身のために。」ではないだろうか。市民はもう分かってきつつある。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.tango-hayakawa.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/96

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

13 queries. 0.299 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

携帯サイト
携帯で最近の早川リポートや掲示板にアクセス!


お知り合いにぜひネットワークを広げて下さい。
知人に教える
Google
検索
amazonリンク
早川まさてると丹後の未来を語る会
〒629-3104京都府京丹後市網野町浅茂川1808 TEL:0772-79-2020 FAX:0772-79-2021
Powered by (有)創造工房 © 2001-2008